そもそもアミノ酸ってどんな成分なの?

プラセンタに含まれる豊富な栄養素のなかでも、私たちの体をつくるとても大切な栄養素であるタンパク質は、20種類のアミノ酸の組み合わせによって、筋肉・臓器・皮膚・爪・髪・ホルモンなどの体のあらゆる組織を構成しています。

 

人の体を構成しているアミノ酸は20種類あり、そのなかの11種類は非必須アミノ酸といい、体内でアミノ酸を合成することによってタンパク質となり、足りないものを補うことができます。

 

非必須アミノ酸

アスパラギン エネルギー生産のサポートや運動能力の向上など
アスパラギン酸 老廃物の処理、肝機能の促進、疲労回復など
アラニン 肝機能のサポート、免疫力の向上など
アルギニン 血管機能の正常化、免疫力の向上、性機能の改善など
グリシン 美肌効果、快眠効果、血中コレステロールの低下など
グルタミン 胃腸粘膜の保護作用、疲労回復、筋肉強化、免疫力の向上など
グルタミン酸 疲労回復、EDの改善、統合失調症や認知症の治療など
システイン 活性酸素の除去、傷の治癒の促進など
セリン 保湿効果、脳細胞の活性化、記憶力向上など
チロシン ストレス軽減、記憶力の向上、脳の正常活動の促進など
プロリン 減量、コラーゲン合成の促進など

 

そして、残りの9種類を必須アミノ酸といい、体内で合成することができないため、肉や魚などの食事から摂取したタンパク質を体内でアミノ酸に分解することで補うことができます。分解された必須アミノ酸は体内で再び合成され体を構成するタンパク質となります。

 

必須アミノ酸

イソロイシン 血管拡張、肝機能強化、筋肉強化、神経の働きのサポート、疲労回復など
スレオニン(トレオニン) 成長促進、新陳代謝の促進、肝機能のサポートなど
トリプトファン 安眠効果、精神安定など
バリン タンパク質の合成、肝機能向上など
ヒスチジン 神経機能のサポート、慢性関節炎の緩和、ストレス軽減など
フェニルアラニン 精神安定、食欲抑制、鎮痛効果など
メチオニン アレルギーによるかゆみの軽減、肝機能のサポート、抑うつ効果など
リジン 免疫力の向上、カルシウム吸収促進、ホルモン・酵素の生成など
ロイシン タンパク質の合成、肝機能向上、筋肉強化など

 

このように人の体の健康は、非必須アミノ酸と必須アミノ酸の合成と分解の繰り返しによって保たれています。そのため、不足すると体調を崩してしまうこともあり、毎日のアミノ酸の摂取はとても重要なものとなります。

 

どうしてプラセンタのアミノ酸がいいと言われるの?

同じアミノ酸なのに、食べ物から摂取したタンパク質から分解されたアミノ酸よりも、プラセンタから摂取するアミノ酸の方が吸収率がいいと言われるのはなぜでしょうか?

 

食べ物からタンパク質を摂取して分解されたアミノ酸は、2個以上のアミノ酸が結合してペプチドという化合物になりますが吸収率が低く、体の外にそのまま排出されてしまうことが多くあります。

 

アミノ酸を摂取するためには、ペプチドよりもバラバラに分解されて小さくなることで、ようやく体内に吸収されやすくなるのですが、ここまでくる間に多くのアミノ酸が体の外に出てしまいます。

 

 

プラセンタの有効成分を抽出する方法は酵素分解法という抽出方法が多くとられており、製造する過程でペプチドからアミノ酸単体へと分解されます。

 

プラセンタのアミノ酸が体内への吸収率がいいと言われる理由には、摂取した時点で吸収しやすいアミノ酸のまま体内に入ってくるので吸収率が高く、ペプチドのように体の外に排出されてしまうことがありません。

 

体内で合成することができない必須アミノ酸がプラセンタには含まれているので、摂取することによって補うことができます。

 

プラセンタのタンパク質量が注目されるのはどうして?

プラセンタに含まれているタンパク質の濃度が注目されるのは、タンパク質の濃度が高いプラセンタは、アミノ酸の含有量も多くなり、特定の細胞の増殖を促進するタンパク質である成長因子も多く含まれるため、美容や健康のさまざまな症状の改善に効果が期待できるためです。

 

しかし、プラセンタを販売するメーカーによっては、タンパク質の濃度を上げるために、プラセンタのタンパク質ではなく他のタンパク質を混ぜることで、タンパク質量を上げていることがあります。

 

プラセンタを購入するときには、必ず栄養成分の表示のタンパク質濃度を確認しましょう。

 

プラセンタに含まれるアミノ酸についてのまとめ

非必須アミノ酸と必須アミノ酸のバランスは、人の体の健康を維持していくためにはとても大切なもので、しっかりと補給しているつもりでいても必要なアミノ酸が足りていなかったということがあると、体調を崩してしまうことがあります。

 

人の身体を作るために欠かすことのできない栄養素であるタンパク質のもとはアミノ酸であり、美容などにも必要な成分であるコラーゲンもタンパク質からできているため、その材料になっているアミノ酸は欠かすことができません。

 

プラセンタに使用される哺乳動物の胎盤は、豚でも馬のどちらでも飼育管理がきちんとされている胎盤が原料になっていれば、高純度・高品質・安全性が高く効果が実感しやすいプラセンタとなります。

 

摂取するときには、必ず豚ならばSPF豚、馬ならばサラブレッドやきちんと飼育環境が管理されている安全性の高いものを選ぶようにしましょう。