そもそもアレルギーってなに?

現在、何らかのアレルギー体質による症状で悩んでいる方はかなり多いのではないでしょうか?
一年中何かの花粉に反応したり、食べ物のどれかに反応して、常に目がかゆい、くしゃみや鼻水などに悩まされていたりなど、アレルギー症状は人によってさまざまです。

 

 

そもそもアレルギーとは、体の免疫機能がアレルギーを起こす物質(アレルゲン)、食べ物やダニ・花粉など、本来は体に害のないものに対して特別なIgE抗体を作り過剰な反応をすることによって起こる、くしゃみや鼻水、目のかゆみなどといったアレルギー反応による症状のことをいいます。

 

アレルギーの種類はIgE抗体によってT型〜W型までの4種類に分けられ、体のそれぞれの免疫機能や抗体の種類などの違いによって発症する病気も違ってきます。

 

T型
アレルギー性鼻炎、気管支ぜん息、じんましん・アトピー性皮膚炎、アレルギー性結膜炎、食物アレルギー、アナフィラキシー

 

U型
自己免疫性容血性貧血、血小板減少症、顆粒球減少症、新生児容血性黄疸

 

V型
血清病、過敏性肺炎、ループス腎炎(慢性糸球体腎炎)、全身性エリテマトーデス

 

W型
接触皮膚炎、結核の空洞形成、橋本病、ベーチェット病、臓器移植後の拒絶反応や移植片対宿主病(GVHD)、ツベルクリン反応

 

同じ量のアレルゲンが体の中に入っても、アレルギーを発症しやすい人と発症しにくい人がおり、発症する人はいくつかのアレルギーが連続で発症してしまうこともあります。アレルギー体質は遺伝的なものが関係しているので、親がアレルギーを持っているとその子供にも遺伝しやすく発症してしまうことが多くなります。

 

アレルギー症状はひどい場合にはアナフラキシーショックを起こしてしまうこともあり、症状が出てから短時間で全身にアレルギー反応が出ることで、血圧の低下や意識障害などで心肺停止になることもあります。

 

アナフラキシーショックが起こったときに使用されるエピペン

アドレナリン自己注射液(エピペン)とは、アナフィラキシーが起こり、救急車が到着するまでの数分間の間でも症状が悪化することがあり、治療を受けるまでの症状の進行を一時的に和らげ、意識がなくなったり、心肺停止になってしまうのを防ぐための補助治療剤です。アドレナリン自己注射(エピペン)を使ったあとは、一時的に症状が和らいだとしても、必ず速やかに医療機関を受診しなければいけません。

出典:公式エピペンサイト

 

アドレナリンは運動をしている時に放出されることで知られていますが、血管収縮をさせて血圧をあげ心臓の機能を高めて全身の血流をよくするホルモンです。アナフィラキシーが起こった場合、アドレナリンの血圧を高めるなどの作用によって、ショック症状の悪化を防ぐことができます。

 

エピペンを処方するにはエピペン処方医師としての登録が必要なので、処方される患者側も登録が必要になります。しかし、アナフィラキシーを起こす危険性が高いと判断された患者さんの場合、医師が処方すれば携帯することができ、症状が出てしまって本人が投与できない場合などの緊急時には、周りにいる人が投与することができます。

 

現在では、園や学校でアナフィラキシーが起こってしまったときに、その場にいる教職員が打つ可能性があるため、多くの自治体や学校で研修会が行われています。

 

主なアレルギー症状

アレルギー症状のなかでも、多くの方が悩んでいる症状をあげてみます。

 

アレルギー性鼻炎

 

風邪をひいているわけではないのにくしゃみや鼻水が止まらないといった症状が続くのがアレルギー性鼻炎です。
アレルギー性鼻炎の原因は、部屋の中のほこりやペットの毛やフケ、ダニ、カビなど、また食生活やストレスなど、生活している中にあるアレルゲンが原因なので1年中症状が出ます。

 

花粉症

 

花粉症は、季節ごとの植物の花粉などに反応してしまうアレルギー性鼻炎のことをいい、鼻水やくしゃみ、目のかゆみや充血、その他にものどのかゆみ、皮膚のかゆみ、下痢、頭痛などの症状が出たりすることもあります。

 

反応する花粉によって症状が違ってくることもあり、イネ科、ハンノキ、シラカバなどの花粉症の人が、花粉と似た構造のアレルゲンを持つ果物や野菜を食べると、口の中がかゆくなったり、唇が腫れたり、喉がいがいがする口腔アレルギー症候群(果実野菜過敏症)になることがあります。

 

 

花粉と似た構造のアレルゲンを持つ果物・野菜

 

◆ シラカバ・ハンノキ
・マタタビ科…キウイ
・バラ科…桃、リンゴ、なし、苺、さくらんぼ
・セリ科…セロリ、にんじん
・ウルシ科…マンゴー

 

◆ ブタクサ
・ウリ科…メロン、スイカ、きゅうり、ズッキーニ
・バショウ科…バナナ

 

◆ ヨモギ
・セリ科…セロリ、にんじん
・ウルシ科…マンゴー

 

◆ イネ
・ウリ科…メロン、スイカ
・ナス科…トマト
・マタタビ科…キウイ
・ミカン科…オレンジ
※「食物アレルギー診療ガイドライン2012」を参考にしています

 

アトピー性皮膚炎

 

アトピー性皮膚炎は、皮膚が弱い人に多くみられる病気で、家族からの遺伝など、もともとアレルギー症状が出ている場合には、肌のバリア機能が弱くなっているため、湿疹とかゆみを繰り返し慢性的に長引いてしまいます。

 

アトピー性皮膚炎の特徴は、おでこ・目・口・耳のまわり・首・わき・手足の関節の内側など、皮膚が薄い所にかゆみがでるため、
「皮膚を引っかいて液体が出てしまう→赤みやじゅくじゅくとした炎症をおこしてしまう→乾燥するとささくれだってきて、かゆくなる」
の繰り返しで、良くなったかと思うとまた再発してしまい結果的に皮膚が硬くごわごわになってしまいます。

 

気管支喘息

 

気管支喘息は、アレルゲンが体に入ると喘息の発作が起こって、気道がふさがれ呼吸が困難になってしまいます。
発作ができると気管支のまわりの筋肉が収縮してしまい、痰が増えて、気道の粘膜が炎症でむくんで狭くなってしまうので、急な咳こみや呼吸が苦しくなってしまいます。

 

喘息は基本的に吸入などの治療によって気管支が広がり、数分から数時間で症状が治まりますが、症状がなかなか治まらず激しい発作が長く続くと危険です。

 

アレルギー性結膜炎

 

アレルギー性結膜炎は、季節による花粉によって発症する時期が変わるので、季節性のアレルギー性結膜炎とも言われています。

 

花粉症などによってアレルゲンが目に入ると、目の知覚神経などが刺激されて、充血・かゆみ・異物感・目やに・涙が出る、などの症状が出ます。
目がかゆくなると、目をこすってしまったり、まぶたが腫れたり、結膜や角膜を傷つけてしまうこともあって、目がかすんだり痛みが出たりしてしまいます。

 

食物アレルギー・じんましん

 

食物アレルギーは、アレルゲンとなってしまう食べ物を食べてから、1時間〜4時間程度のうちに症状が出ます。
主な症状は、じんましん・むくみなどですが、咳や喘息発作、嘔吐、腹痛、下痢などの症状が見られることもあります。

 

また、ひどい場合には血圧が下がり意識がなくなってしまったり、心配停止になってしまうこともある症状でアナフィラキシーショックを起こしてしまうこともあります。現時点では、アナフィラキシーになった場合の対処方として、ペンタイプのアドレナリン自己注射液(エピペン)があります。

 

プラセンタの効果はアレルギー体質を改善できる?

アレルギー疾患には確実な治療法がまだありません。症状も人によって違い、病院でもらう薬は症状は軽減できても、アレルギー体質の改善はできません。

 

治療するのに有効なステロイドを使う場合、副腎皮質ホルモンを使い続けると、自分の体で副腎皮質ホルモンが作られなくなってしまうことがあり、治療薬の副作用や後遺症などの問題が出てきてしまいます。

 

また、アトピー性皮膚炎の治療に使われているステロイドは長期間使用すると、副作用として皮膚が薄くなってしまい、細菌やウィルスに感染しやすくなってしまうということも懸念されています。

 

このようなアレルギー症状の体質改善やステロイドの副作用などの問題に有効なのが、プラセンタなのです。

 

プラセンタのアレルギー体質に対する効果

 

プラセンタの特徴である成長因子と抗アレルギー作用、抗炎症作用、免疫賦活作用などの薬理作用によるアレルギー症状の改善や、アレルギーの原因となる抗体IgEの生産を抑えてくれるので、アレルギー体質の改善に効果が期待できます

 

サプリメントは、即効性はありませんが毎日飲み続けることで、アトピー性皮膚炎により硬くごわついてしまった皮膚も、プラセンタの細胞活性作用や代謝を高める作用などにより、ターンオーバーが促されて潤いのある肌へと生まれ変わることが期待できます。

 

 

プラセンタにはステロイドのような副作用もないため、副作用により悩んでいる人には安心ができる治療法なのではないでしょうか。プラセンタの特徴である成長因子により自然治癒力が高まって、体の内側からさまざまな症状を改善されていくので、今まで悩んできたアレルギー体質の改善が、プラセンタを摂取することによって期待できるのではないでしょうか。

 

プラセンタを摂取してアレルギーは起こらないの?

アレルギー体質の人がプラセンタを飲むことによって、症状が改善されるという効果があると聞いても、「プラセンタを摂取してアレルギーは起こらないの?」という不安もあるのではないでしょうか。

 

 

プラセンタは基本的に副作用がなく安全な成分ですが、アレルギー反応がゼロというわけではありません。

 

プラセンタを飲み始めたことによる症状として出ることがあるのが、体重の増加やニキビ、便秘、倦怠感、生理の時の出血量が多い、生理周期が早くなったりすることがあります。しかし、これは好転反応と言われ、アレルギー反応ではありません。

 

プラセンタを摂取するときに気をつけてほしいのは、アミノ酸はタンパク質の一つなので、人によってはアレルギーの原因となってしまう場合もあります。かゆみ、発疹、赤みが肌に出る異常蛋白(たんぱく)アレルギーです。

 

これらの症状は、体調がよくないときに一時的に症状が出ることがあり、症状が出たときには服用している量を減らしてみて、プラセンタに体が慣れてくるのと同時に症状は治まるか様子をみて下さい。

 

アレルギーの可能性がある場合には、一時的な好転反応と思い込まずプラセンタの服用を無理に継続しないで、病院に相談することをおすすめします。

 

まとめ

アレルギーは体質が関係していることもあり、なかなか症状を完治することが難しいと言われています。しかし、原因となるアレルゲンを遠ざけることによって症状を軽減することはできます。

 

家のなかを毎日掃除をして清潔にしたり、規則正しい生活、バランスのいい食生活を心がけていくことを続けて、そこにプラセンタのアレルギー体質を改善する効果をプラスすることによって、症状を少しずつ改善していくことができるはずです。