豚プラセンタの効果やその特徴は?

ドラッグストアなどに置いてあるサプリや化粧品などのプラセンタの商品のほとんどは、豚由来の豚プラセンタの商品で、馬プラセンタや羊プラセンタに関しては、お店などで見かけることはほとんどありません。

 

以前はプラセンタの原料として流通していたのは、ほとんどが牛の胎盤を利用した牛由来の牛プラセンタでした。しかし、狂牛病(BSE)の発生によって、「プラセンタの原料として牛や羊などの反芻動物の胎盤は使用してはならない」という通達を厚生労働省が出したことで、豚由来のプラセンタが多く流通するようになりました。

 

 

現在では、プラセンタ市場の多くを占めているのは豚由来の豚プラセンタです。年に2回の出産と、1度の出産で10頭前後の子供を産むことができる豚は、その胎盤の数も多くなるため大量生産がしやすいので価格もお手頃になります。

 

「栄養の宝庫」と言われる胎盤には、胎児の成長に欠かすことができない、アミノ酸・たんぱく質・脂質・糖質・ビタミン・ミネラル・酵素・核酸などのたくさんの成分と、若返りの効果が期待できる成長因子が含まれています。

 

分子構造が人とよく似ているので人の体への吸収率が高く、胎盤から抽出された有効成分には、豊富な栄養素、成長因子などがバランスよく含まれており、価格がお手頃といっても有効成分が他のプラセンタより劣るということはありません。

 

しかし、基本的に豚の飼育は集団でされており、病気にかかりやすいため予防接種でワクチンを投与される回数が多くなります。豚の胎盤から有効成分を抽出するときに、薬剤などの不純物は取り除かれて無害になっていると言われていますが安全性への不安は残ります。
このような不安をなくすために、最近では安全性が高い「SPF豚」が使用されているものがおすすめです。

 

安全性の高い国内産SPF豚プラセンタとは?

「SPF」とは、Specific(スペシフィック)Pathogen(パソージェン)Free(フリー)の頭文字をとった略字で、「特定病原体不在」という意味で、日本SPF豚協会が厳格に定めた飼育基準に従った方法で特定の病気の原因になってしまう菌だけを持たない状態で育てられた豚のことをSPF豚といいます。

 

「日本SPF豚協会」が規制対象にしている5つの病気

 

  • 萎縮性鼻炎
  • 豚赤痢
  • オーエスキー病
  • トキソプラズマ感染症
  • マイコプラズマ肺炎

 

SPF豚は、妊娠した母豚から子宮ごと子豚が取り出され、殺菌され無菌の状態の場所でしっかりと飼育管理がされ、与えられるエサや水も殺菌されたものが与えられます。

 

生まれた子豚は微生物学的に隔離された人工哺育施設で3〜4週間飼育されたあと、SPF豚農場の清潔な普通の豚舎に移されます。

 

まれに病気にかかった時に治療をするためのワクチンを使用することはありますが、ワクチンの接種や抗生物質の投与はほとんどなく、胎盤からプラセンタを抽出するときに不純物がまざりにくいため、胎盤の品質がよく安全性が高く安心です。

 

これらSPF豚協会の定めるSPF農場認定基準を満たしている生産農場で飼育された豚が、SPF豚として国内に流通されます。

 

デンマーク産豚の安全性は高いの?

安全性が高いSPF豚ですが、その基準に従った方法で国内で育てられているのはわずか4%程度の農場しかいないため、国内SPF豚の基準を満たしている、酪農先進国であるデンマーク産の豚の胎盤を使用した、品質の高い豚プラセンタもだんだんと増えてきています。

 

デンマークはSPFの言葉は使っていないものの、各農場で行っている管理システムがSPF豚と同じで、豚生産農場に導入される90%以上の豚がSPF豚と変わらない品質です。

 

デンマークの家畜に関する安全基準は厳しく、WHO(世界保健機関)が定めている基準を上回るとも言われています。

 

■ 登録とトレーサビリティ
誰が育てたのか、豚が何を食べて育てられたか、健康な豚の血筋か、などが登録されているので、さかのぼって調べることができる

 

■ 健康について月次報告
豚の健康状態の報告書がインターネットに掲載されており、誰でも閲覧することができる

 

■ トラックの洗浄・殺菌の義務付け
トラックを洗浄・殺菌した後、菌がいなくなりキレイになるまで豚を48時間隔離することで菌の侵入を防ぐ

 

■ 抗生物質の使用を禁止
豚に抗生物質を食べさせない

 

デンマークで飼育されている豚はこれらの基準によって、安全なエサと衛生的な環境で飼育されており、養豚場からの出荷時には獣医の他に国の家畜病理検査官によって、豚の健康管理のダブルチェックが行われます。

 

デンマーク産豚は、健康管理のダブルチェックに合格すると国から衛生証明書が発行され、そこでようやく輸出されるという徹底した安全管理がされています。

 

豚プラセンタについてのまとめ

豚プラセンタをおすすめするポイントして、今現在も安全性が高い国産のSPF豚の胎盤が使用されているものをおすすめしていますが、日本全体に出荷されているSPF豚は全体の10%程度と少なく、まだまだ豚プラセンタ全体に安心安全なSPF豚の胎盤を使用することができないのが現状でした。

 

しかし、最近では食肉用豚として生産管理が国をあげて徹底しているデンマーク産の豚の胎盤が使用されているものも増えてきました。商品によっては、SPF豚以外の国内産豚プラセンタよりも安全性が高いものとなっているので安心して摂取することができます。

 

豚プラセンタを摂取するときには品質がよく、安全性が高いものを選ぶことで、よりプラセンタの効果を実感することができます!