女性だけじゃない、男性にも更年期障害が起こるの?

更年期障害は、一般的に女性に起こるものだと思っている方が多いと思いますが、実は男性にも更年期障害が起こるのを知っていますか?

 

 

女性に起こる更年期障害は、年齢とともに女性ホルモン(エストロゲン)が減少するのが原因で、個人差はあるものの最終的に卵巣の機能が停止する、一般的に50歳前後に閉経を迎える時期のことをいいます。

 

そして、男性の更年期障害が起こる時期は女性よりも個人差が大きく、男性ホルモン(テストステロン)が一番多い時期は20代ですが、減少が始まる40歳以降は、どの年代でも起こる可能性があります。

 

男性の更年期障害に深く関わる男性ホルモンとは

 

男性の更年期障害に深く関わる男性ホルモンであるテストステロンは、脳からの指令を受けて精巣で作られて血液中に分泌されて全身に作用します。
男性の体にとって多くの働きをしている男性ホルモンは、筋肉や骨を強くしたり、性機能を正常に保つなどの働きがあり、また、判断力や理解力などの認知能力を高める役割も果たしているため、減少してしまうと身体にさまざまな症状が起こります。

 

男性ホルモンが減少すると心や体のさまざまなところに影響を与えるようになってきますが、男性ホルモンの数値は一人ひとり違っているため年齢が80代であっても、30代の人のような数値を保っている人もいれば、その逆の場合もあります。

 

 

こんな症状はありませんか?

 

□ 無気力になる
□ 不眠症
□ 食欲不振
□ 性力が低下する
□ 集中力が低下する
□ 物忘れが多くなる
□ 情緒不安定
□ 頭が重くなる
□ イライラする
□ 発汗
□ 勃起障害
□ 性に無関心

 

このような症状が出始めたら、もしかしたら…?と考えたほうがいいかもしれません。年齢とともに男性ホルモンが減少することで起こる男性の更年期障害ですが、最近では60歳前後の男性だけではなく、最近では20代や30代の男性にも更年期障害の症状が起こる若年性更年期障害がみられることがあります。

 

更年期障害の症状を放置してしまうとどうなるの?

男性が年齢を重ねるとともに男性ホルモンが減少することで、「もしかしたら更年期障害かも?」と思うような症状が出始めたときに、仕事が忙しいから、年をとって体力が落ちたから、ストレスがたまっているから、などの理由をつけて更年期の症状を見逃したり放置したりしていませんか?

 

 

男性の更年期障害を放置すると…

 

  • 男らしさなどの低下
  • 男性機能の低下(ED)
  • 生活習慣病(高血圧・糖尿病・高脂血症など)
  • 骨粗しょう症
  • うつ病
  • 認知症

 

総務省によって出された男性更年期障害の潜在患者数は、日本の40〜90歳以上の男性人口約3,400万人のうち、約600万人だと推測されています。つまり、40〜90歳以上の男性の6人に1人が男性更年期障害の予備軍であり、誰にでも症状が出る可能性があるということです。

 

特に男性はこれまで何十年と働き続けてから定年後、しばらくの間は仕事のストレスから解放されることで生き生きとしていられるのですが、半年ぐらいたってくるとなぜか元気がなくなって、何もやる気が起こらなくなるという方が増えてきます。

 

男性ホルモン(テストステロン)の減少は、男性更年期障害、生活習慣病のリスクを高めたり、うつ病などの心の健康にも大きく影響してきます。更年期障害の症状をそのまま放置してしまうと、これらの症状によって起こる病気などのリスクが高くなってしまうことがあるため、ひどくなる前に病院で相談することが大切です。

 

イライラや不安などの男性の更年期障害が疑われる症状が出た場合は、泌尿器科、男性更年期外来、メンズヘルス外来などの専門外来を設けられている医療機関もあるので、病院で男性更年期障害の診断をすることをおすすめします。

 

しかし、男性の更年期専門の医療機関はまだそこまで多くないので、近くに専門の病院がない場合には、近くにある医療機関で男性更年期の治療ができるかを問い合わせしてみましょう。

 

男性ホルモンの減少を防ぐにはどうしたらいいの?

男性の更年期障害の症状を緩和させるためには、男性ホルモンの減少を防いで分泌量を高めるために生活環境の見直しが必要になります。

 

運動

 

年齢を重ねるほど運動不足になりがちですが、運動をして体の大きな筋肉に刺激を与えると男性ホルモンの分泌量が増えるため、少しの時間でもいいので筋トレやストレッチ、少し息切れがするぐらいの速さのウォーキングなどを毎日続けてみましょう。

 

睡眠

 

男性ホルモンであるテストステロンの数値を測ると、朝は高く夕方になると低くなるという傾向があります。眠っているときに産生される男性ホルモンは十分な睡眠がとれないと体の疲れもとれず、もともと減少している男性ホルモンがさらに減少してしまいます。
睡眠をしっかりととるためには体をリラックスさせることが大切です。お風呂の湯ぶねにゆったりとつかったり、アロマを使ったり、ストレッチをしたりなど、自分に合ったリラックスできる方法を探してみましょう。

 

競い合う

 

「男らしさ」を作る男性ホルモンを維持するためには、外に出て獲物を追いかけ、仕留めて家族や仲間に与えるなど、太古の昔からずっと続いている狩人心に火をつけることです。
スポーツだけではなく、囲碁や将棋などのゲームなど、学生時代のように仲間が顔を合わせて競い合うことで、男性ホルモンが分泌され活力がよみがえります。

 

ストレスをためない

 

精神的・肉体的に過剰なストレスがかかると、精巣で男性ホルモンを作る能力が落ちて男性ホルモンが減少してしまい、体や心にさまざまな症状を引き起こしてしまいます。
ゆっくり入浴したり、休日に旅行に行ったり、趣味を楽しんだりなど、自分なりのストレス解消法を見つけてストレスをためないようにしましょう。

 

 

慢性的な疲れを放置するのは要注意!!

 

最近、毎日の仕事の疲れに慣れてしまっていませんか?40代や50代の男性で、今までであれば多少の仕事の疲れもぐっすり眠れば、次の日には疲れもとれて回復できたはずなのに、気がつけば疲れが積み重なって疲労感がずっと1日中続いている…なんて方も多いのではないでしょうか。

 

この重い疲労感が毎日続いてしまうと、人間はその疲労感にだんだんと慣れてしまい慢性的な疲労となってしまうのです。しかし、疲れに慣れてしまっていても、結局のところは体は疲労がたまっていく一方なので、だんだんと何もやる気が起こらなくなります。

 

もともと、男性更年期障害の症状が出始めている場合には、憂うつ感、不眠、イライラ、性欲減退などのさまざまな症状が悪化してしまうことがあるので要注意です。

 

男性の更年期障害にも効果があるプラセンタ療法

医療機関でのみ受けることができるプラセンタ注射「メルスモン」や、健康食品として扱われているサプリメントなどのプラセンタ療法は、女性の更年期障害だけではなく、男性の更年期障害の改善も期待できます。

 

プラセンタには、豊富な栄養素、プラセンタにしか含まれていない細胞を若返らせることができる成長因子、自律神経調整作用や精神安定作用、ホルモン調整作用などの20もの薬理作用の相乗効果によって、更年期障害の症状の緩和が期待できます。

 

プラセンタといっても、注射とサプリメントどちらがいいのかと悩むところですが、予防としてプラセンタを摂取するならば、通院することなくお手軽にプラセンタの効果を実感できるサプリメントがおすすめです。

 

プラセンタサプリメントは即効性はありませんが、毎日継続して摂取し続けることで、個人差はありますが三ヶ月程度でプラセンタの効果を実感することが期待できます。

 

しかし、すでに更年期障害の症状が出ていて早めに治療をしたい方は、医療機関できちんと診断してもらうことをおすすめします。