体内に含まれているヒアルロン酸はどんな働きをしているの?

優れた保水力を持っているヒアルロン酸は、体のさまざまなところに存在しており、目・皮膚・関節などに含まれてるので、膝や肩などの関節痛の治療に関節内注射薬、目の潤いを保つための目薬など、医薬品として純度の高いヒアルロン酸が使用されています。

 

ヒアルロン酸は、ムコ多糖体というネバネバとしている状態の物質で、その保水力は1グラムで2リットルのペットボトル3本分の、6リットルと言われるほど抜群の保水力があり、肌のハリや潤いに大きく影響する成分なので、肌に潤いを保つための化粧品やサプリメントなどの健康食品にも多く使用されています。

 

皮膚のどこにヒアルロン酸は存在しているの?

ヒアルロン酸は、皮膚の真皮層にあるコラーゲンやエラスチンなどの構成要素の隙間、基質の部分にゼリー状に存在しており、細胞と細胞の間でクッションのような役割を果たしています。

 

 

優れた保水力を持っている人の体内にあるヒアルロン酸は、体のさまざまなところに存在しており、関節・皮膚・目などに多く含まれていますが、赤ちゃんのときにヒアルロン酸の量が100%とすると、加齢とともにヒアルロン酸量は5%と減少していき、赤ちゃんのときの20分の1の量になってしまうと言われています。

 

肌の乾燥を防いで潤いやハリを与える役割をしているヒアルロン酸が、年齢とともに減少していき不足すると水分を維持することができなくなり、皮膚の表面が乾燥して潤いがなくなり、しわやたるみの原因となってしまいます。

 

潤い成分を生み出す線維芽細胞とは?

ヒアルロン酸の生成は、皮膚の真皮にある線維芽細胞によって作り出されており、その他にコラーゲンやエラスチンなど肌の潤いやハリを保つためには欠かせない成分も作り出しています。

 

線維芽細胞が活発に働いていると新陳代謝が正常に行われいると、ヒアルロン酸・コラーゲン・エラスチンが古くなった場合には分解され、また新しく生成されることで肌の潤いやハリ、弾力のある肌を保つことができます。

 

線維芽細胞は自分自身で細胞分裂をして細胞を増やすことができるため、線維芽細胞の代謝が活発に働くことが、肌の健康や美肌を作っていくためには必要です。

 

プラセンタの線維芽細胞増殖作用とは?

年齢によって潤い成分を作り出すことができる線維芽細胞は20歳後半から低下していき、30代を過ぎた頃になるとどんどん低下してが減っていきます。しかし、ただ減っていくのをそのままにしてしまうと老化がどんどん進んでしまいます。

 

そこで、おすすめなのがプラセンタです。豊富な栄養素、成長因子、20の薬理作用の相互効果によって、美容や健康のさまざまな症状の改善が期待できます。

 

プラセンタの薬理作用の1つである線維芽細胞の増殖を促す作用は、線維芽細胞の増殖を促す働きがあるので、美肌のための潤い成分の生成を助け、体の内側からハリと潤いのある肌へとサポートしてくれます。

 

また、プラセンタにしか含まれていない成長因子は、細胞分裂を活性化させて細胞を若返らせる力があるため、真皮に存在する線維芽細胞の働きを活性化させます。

 

線維芽細胞の働きを活性化させることによって表皮が刺激を受けると、潤い成分であるコラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンを再び作り出す力が戻り、真皮の土台の弾力が高まることで、肌の潤いやハリを取り戻すことが期待できます。

 

サプリメントでプラセンタを摂取する場合、即効性はありませんがお手軽に自宅で毎日飲み続けることができ、品質のよいプラセンタサプリはプラセンタの効果をしっかりと実感することができます。

 

体の外側と内側からのエイジングケア、毎日の生活習慣、バランスの取れた食事、適度な運動をするなどの毎日の生活も改善していくことによって、肌の潤いやハリを取り戻すことが期待できます。