更年期障害と同じような症状が起こる若年性更年期障害とは?

更年期障害は主に50歳前後の女性が閉経を境にして卵巣の働きが低下し、主に卵巣で分泌される女性ホルモンであるエストロゲンが減少することが原因とされています。

 

 

しかし、最近では20〜30代の若い女性にも、更年期障害と同じような症状が起こる「若年性更年期障害」に悩んでいる方が増えてきています。

 

若年性更年期障害と更年期障害の違い

 

更年期障害
女性ホルモン(エストロゲン)の分泌をする能力がなくなっていくことによる症状

 

若年性更年期障害
ホルモンバランスの乱れによる女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が足りていないことによる症状

 

若年性更年期障害はストレスを抱える女性がなりやすい?

若年性更年期障害が増えてきた原因として考えらえているのが、近年では女性が働く社会になってきたことにより、さまざなストレスを抱えることが増えてきたことがあります。

 

ストレスはホルモンバランスを調整している自律神経の働きに影響を与えてしまうため、ホルモンバランスが崩れてしまうことによって、更年期障害で起こるような症状が20〜30代の若い女性にあらわれてしまうと考えられています。

 

また、ストレスだけではなく、過度の飲酒・寝不足・無理なダイエット・喫煙・偏った食生活などの不規則な生活習慣、スポーツ選手などの過激な運動なども若年性更年期障害を引き起こす要因となっています。

 

若年性更年期障害の症状とは?

若年性更年期障害の症状は、基本的に更年期障害の症状と似ています。

 

更年期障害で起こる主な症状

 

・のぼせ、ほてり
・月経不順・無月経
・頭痛
・めまい
・眠れない
・冷え性
・肩こり
・疲れやすい
・イライラ
・気持ちが落ち込む
・便秘や下痢になりやすい
・人に会いたくなくなる
・何もやる気にならない など

 

若年性更年期障害で、生理不順や無月経症状になっていれば症状がわかりやすいのですが、自分はまだ若いし、そのうち治ると放置してしまうと、症状は悪化してしまい、骨量の減少・膣の乾燥や萎縮・脱毛・うつ症状などが起こってしまうこともあります。

 

特に無理なダイエットで短期間に体重が激減したりすると、体が飢餓状態になり生命活動を優先させて妊娠を避けようとするため生理が止まります。

 

年齢が若くても、早発閉経、早発卵巣不全といった疾患があり、卵巣の働きが低下したり停止してしまうことは全くないとはいえません。18歳を過ぎても月経がない「原発性無月経」、卵巣がんなどで卵巣を摘出した場合も閉経状態になります。

 

若年性更年期障害の治療法や対策は?

若くても閉経状態になってしまうとエストロゲンの分泌が低下するため、更年期障害の症状のようなのぼせ、動悸などもみられ、骨粗しょう症のリスクも高くなるため、ホルモンを補充する治療が必要になってきます。

 

月経不順や無月経は、体が危険信号をだしているために起こっているので、そのまま放置すると治療をしても回復がしにくくなってしまいます。婦人科できちんと医師に相談をして検査を受けることが重要です。

 

若年性更年期障害の治療法
・ホルモン療法
・漢方薬
・低用量ピル など

 

ホルモンバランスを安定させるためにこのような方法がありますが、まずは若年性更年期障害を予防するために、規則正しい生活習慣を心がけ、タバコをやめる、適度な運動をする、自分にあったストレスを解消する方法を見つける、栄養バランスのよい食事をとるなど、できることから始めてみましょう。

 

エストロゲンと似た働きをするエクオール

女性ホルモン(エストロゲン)は女性の美容や健康に影響する重要なホルモンです。更年期になると激減してしまうエストロゲンによってホルモンバランスが崩れてしまい更年期障害の症状があらわれてきます。

 

大豆イソフラボン群は、主にゲニステインとダイゼインと呼ばれる物質から成っているのですが、最近このダイゼインが、腸内細菌の持つ酵素によって、強いエストロゲン様作用を持つ「エクオール」という物質に変換されることがわかってきました。

 

しかし、人間の体内ではエクオールという物質を作り出すことができる人口比率は、日本人で約2人に1人といわれているため、あらかじめエクオールに変換されたイソフラボン製品が更年期障害の症状がある方に注目されています。

 

ホルモンバランスの乱れによる女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が足りていないことで起こる若年性更年期障害の症状も、エクオールを体に補充することで緩和することが期待できます。

 

若年性更年期障害にも効果あり?プラセンタ療法とは?

できることならば今すぐにでも改善したい若年性更年期障害の症状は、ホルモンバランスの乱れによって女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が低下することで起こります。

 

治療では更年期障害の治療と同じように、主にホルモン補充療法によって女性ホルモンを補充する治療方法が多くとられていますが、ホルモン補充療法を受けることができない既往歴がある人もいたり、吐き気・頭痛・下痢などの症状が出てしまう人もいたりします。

 

そこで、ホルモン補充療法を受けることができない既往歴がある人や、副作用の心配をする人に注目されているのがプラセンタ療法です。更年期障害の症状の緩和に用いられているのは、即効性のある医療機関でのヒトプラセンタの皮下注射や、飲み薬、ぬり薬で、一部の漢方薬を除いて保険が適用されます。

 

 

現在、皮下注射はヒトプラセンタの「ラエンネック」・「メルスモン」の2種類だけが認可されており、更年期障害の治療には「メルスモン」が使われています。(「ラエンネック」は肝機能障害で使われます)

 

しかし、プラセンタ注射は健康で感染などをしていない人の胎盤を原料としているとされていますが、2006年に厚生労働省は、プラセンタ注射の感染症のリスクを考え、プラセンタ注射を1度でも打ったことのある人は、献血をしてはいけないという通達を出しました。

 

若年性更年期障害(プレ更年期)対策におすすめしたいプラセンタサプリ

若年性更年期障害(プレ更年期)の場合、更年期と似ていても要因が1つではないため、早期閉経、卵巣の機能低下によるホルモンバランスの乱れなど、それぞれの原因にあった治療をすることが必要になってきます。

 

早期閉経・卵巣の機能低下によるホルモンバランスの乱れ原因になっているか、病院で血液検査などで調べることができるので、まずは医師に相談をしましょう。

 

更年期障害の治療による副作用や、プラセンタ注射によって献血ができなくなるのが嫌だという人などにおすすめしたいのがプラセンタサプリメントです。健康食品として取り扱われるプラセンタサプリメントは、豚・馬・羊の胎盤から有効成分が抽出されています。

 

プラセンタの有効成分を体に取り入れることで、成長因子、豊富な栄養成分、20の薬理作用の相互作用によって、自律神経やホルモンの分泌量のバランスを整えてくれ、血行促進や造血、疲労回復など、衰えていた卵巣の働きをサポートしてくれます。

 

サプリメントは、即効性はありませんが毎日飲み続けることにより、更年期障害や若年性更年期障害だけではなく、その他に美容や健康に対してのさまざまな症状の改善が期待でき、通院の手間がなくお手軽に毎日継続することにより安定した効果が期待できます。

 

まずは、一人で悩んでいるよりも、症状がひどくなる前に身近な人や医師に相談してみることをおすすめします。