自律神経とは?バランスが乱れてしまうとどうなってしまうの?

 

人間の体内には無数の神経がありますが、自律神経はその中で内臓の働きなどを調整してくれています。そのため自律神経が乱れると心や体にさまざまな不調が出てきてしまいます。

 

自律神経は自分の意思とは関係ない、人が生きていくために必要な2つの「交感神経」「副交感神経」によって、血液・体温の調整、呼吸、内臓を動かしたり、食物を消化したりなど、生命を維持するための体の機能をコントロールしており、体の活動時や安静時にも24時間働き続けています。

 

交感神経と副交感神経はまったく逆の働きをしており、この2つのバランスがうまく働くことによって体の健康が保たれています。この2つは、仕事中やその仕事でストレスを感じているとき、眠っている時など、そのときの状況によって割合が変わるので、どちらかだけが働いているということはありません。

 

昼間の活動(交感神経)で疲れた体を、夜間に休息(副交感神経)させて体を回復させ元気な身体にすることで、2つのバランスがとれることで体が元気に健康でいられるのです。

 

自律神経の働き

 

  • 運動をしたときに脈を早めて体に酸素を運ぶ
  • 暑いときに体温を下げるために汗をかく
  • 寒いときには筋肉を小刻みに動かしてふるえさせて熱を作る
  • 寝ているときには生命を維持しながら脈拍数を少なくし、休息がとれるようにしている
  • 免疫機能に働きかけて、すぐに病気にならないように体を守る

 

など、自律神経はさまざまな状況によって自動的に働いています。

 

どうして自律神経が乱れるの?

自律神経のバランスが整っているときには健康でいられますが、精神的ストレスや身体的ストレス、不規則な生活などが自律神経を乱す原因になってしまいます。

 

ストレス

毎日の生活をしていく中で、仕事や人間関係などによる悩みや不安などの精神的なストレス、疲労や病気、騒音・光・気温の変化などの身体的なストレスなどのストレスが過剰になってしまうと、自律神経のバランスが乱れてしまいます。

 

不規則な生活習慣

夜更かしなどによる昼夜が逆転してしまう生活や、睡眠不足、夜中にご飯を食べたりなど不規則な食生活などが続くことで、生体リズムが崩れてしまい、自律神経のバランスが乱れてしまいます。

 

疾患によるもの

更年期に起こるホルモンバランスの乱れや、過度なストレスによって起こる自律神経失調症などがきっかけで、自律神経のバランスが乱れてしまいます。

 

 

このように、自律神経が乱れてしまう原因はたくさんありますが、日常生活の中での適度なストレスはついてまわるものですが、この適度なストレスを発散することなく積み重ねて抱え込んでしまうと、交感神経ばかりが優位に働いてしまいます。

 

本来ならば体をリラックスさせて回復させるための副交感神経が、交換神経が優位になっていることによって十分な働きをすることができなくなってしまい、自律神経のバランスが乱れてしまいます。

 

 

自律神経が乱れることで起こる症状

 

自律神経失調症
不安や緊張感が高まると人によって違いますが、吐き気・多汗・倦怠感・頭痛・手足のしびれ・動悸・めまい・不眠などのさまざまな症状がみられます。

 

過敏性腸症候群
検査をしても異常が見つかりにくいのが特徴の腹痛をともなう慢性的な下痢や便秘です。下痢と便秘が交互に起こったり、何週間も下痢が続いたあと一時的に治まったりなど、その後再発を繰り返す症状がみられます。

 

メニエール病
内耳のリンパ液に異常が生じることで、片耳だけの耳鳴り・難聴・周りがぐるぐる回るめまい・強い吐き気・嘔吐をともない、そのまま症状を放置していると耳鳴りや難聴が進行してしまうことがあります。

 

神経性胃炎
胃酸が過剰に分泌されることで、喉が詰まった感じ・胸やけ・胃の痛み・胃もたれなどの胃炎の症状が出ます。

 

過呼吸症候群
不安が強くなることで感じる息苦しさがエスカレートして、息苦しさをコントロールできなくなり、息を吸っても吸っても息苦しさが改善しないため、呼吸をしすぎて過呼吸の状態になります。呼吸が速くなり手足のしびれや筋肉がこわばるなどの症状がみられます。

 

 

毎日の生活のなかには、人間関係によって起こるストレスから逃げることはなかなかできません。どうしても逃げることのできないストレスならば、うまくつきあって行けるような自分のなりの対処法を探すことが必要になってきます。

 

1日の心と体の疲れを回復させるために、1日の終わりにリラックスができる時間を作り、気分転換をしてリフレッシュさせて副交感神経が優位になるようにしましょう。

 

 

自律神経のバランスが乱れて交感神経が優位になってしまっていると、体も心も緊張した状態が長く続いてしまい肩がこってしまいます。体がリラックスすることができるように、身体全体の力をストレッチをして抜いたり、お風呂で湯船につかる、自分の好きな音楽やテレビ番組をみたり、好きなアロマの香りを楽しんだりなどするのもいいかもしれません。

 

副交感神経が優位に働くと、筋肉の緊張がほぐれることで血流がよくなり、身体のすみずみに栄養や酸素が行きわたるため、健康や美容にもいいとされています。

 

自律神経のバランスを整えるプラセンタの効果とは?

自律神経のバランス整えるためには日常生活を改善することが大切です。自律神経のバランスが乱れてしまう原因であるストレスの場合、自分の気持ちをコントロールできるように1人で抱え込まず、誰かに相談をすることもできるようにならなくてはいけません。

 

また緊張している体や心をリラックスさせたり、睡眠やバランスのとれた食事、適度な運動など、乱れてしまっている生活習慣を改善してみることも予防をするためには必要です。

 

しかし、毎日の忙しい生活のなかではきちんと改善をしていくことが難しいこともあります。そういう方におすすめしたいのが、体に必要な栄養成分を補給することができるプラセンタです。

 

プラセンタの成分1つのなかに含まれる、豊富な栄養成分と細胞自体を元気に若返らせることができる成長因子、20の薬理作用のうちの1つである自律神経の乱れを整える作用など、これらの相互効果によって、自律神経のバランスを整えて、精神を安定させることが期待できます。

 

また、プラセンタの摂取方法でおすすめなのが、即効性はありませんがお手軽に毎日続けやすいプラセンタサプリメントがおすすめです。毎日続けて摂取することによって、健康や美容に対してのたくさんの効果やさまざまな症状の改善が期待できます。