更年期の女性が気になる加齢臭の原因とは?

「加齢臭」というと、なんとなく男性だけのイメージがあります。しかし、男性だけではなく女性にも加齢臭があることを知っていますか?本当は認めたくはないけれど、自分が臭っていることに気がつかず周りにクサイと思われているのはなんだか嫌ですよね。

 

 

若い女性でも年齢を重ねた女性でも、自分のニオイについては気になります。しかし、若い頃に気にしていたニオイだけではなく、更年期になると「加齢臭」も気になってきてしまいます。では、更年期の女性が気をつけたいニオイの原因とはなんでしょうか。

 

女性ホルモンの低下で起こるニオイとは?

加齢臭というと、なんとなく「おじいちゃんやおばあちゃんのニオイ」と子どもたちには表現されることがあります。

 

加齢臭のニオイのもとは、不飽和アルデヒトの一種である「ノネナール」という物質であることが、女性の体の臭いに対する商品が多く販売されている資生堂の研究所で2000年に発見されました。

 

ノネナールのニオイは、毛穴にある皮脂線から分泌される脂肪酸が酸化してしまうことでできてしまい、ろうそく・青かびのチーズ・古本・押入れの中のようなニオイと表現されることが多いようです。

 

若いころは皮脂腺から分泌される脂肪酸が酸化しないように女性ホルモンが正常に働いているのですが、35歳を過ぎたころになり女性ホルモンの分泌量が減り始めて働きが衰えてくると、皮脂腺から分泌される脂肪酸の酸化を防ぐことが難しくなり、ノネナールが増加してしまいます。

 

女性は更年期になり女性ホルモンが低下する閉経後に身体にさまざまな症状を起こすのですが、加齢臭の原因となるノネナールの増加もそのなかの症状のうちの1つです。

 

加齢臭を予防するにはどうしたらいいの?

加齢臭のニオイが気になる場所は、皮脂腺が多い、頭・おでこ・首回り・耳のまわり・胸もと・脇・背中など体の上半身に多くあり、そのなかでも一番ニオイが出やすいと言われている場所は、皮脂がたまりやすい耳の後ろや頭皮です。Tゾーン以上の皮脂の分泌量が多い頭皮は、ストレスや食生活の乱れの他、加齢によってニオイが強くなることがあります。

 

頭皮の場合は体の中で皮脂腺が一番多い場所で、お風呂に入ってから1日たったころには普通の体臭としてもアブラ臭くなってしまうこともあり、その他の周りにあるさまざまなニオイも合わさってしまい、加齢臭がきつくなってしまいます。

 

加齢臭対策

 

  • こまめに余分な皮脂をティッシュで押さえて拭き取る
  • 加齢臭に対応したでデオドラント製品を活用する
  • タバコを吸わない
  • 就寝前にお風呂に入り長時間皮膚にある皮脂を洗い流す
  • 皮脂腺が多い部分をしっかりと洗う
  • 毛穴の古い皮脂を軽い運動で汗をかいて排出させる
  • 抗酸化作用のある野菜や果物を食べる
  • サプリメントで体の内側から加齢臭の原因を改善する

 

加齢臭の改善にプラセンタサプリメントがおすすめ

加齢臭が一度気になってしまうと、どう対処していいのか悩んで迷ってしまいます。消臭スプレーや消臭効果があると言われているシャンプー、香水などでニオイをごまかすことはできますが、加齢臭のもとの原因を改善することができていないため、ずっと加齢臭という悩みはなくなりません。

 

加齢臭は皮脂線から分泌される脂肪酸が酸化してしまうこと、更年期による女性ホルモンの分泌の減少なども大きく関係しています。

 

プラセンタが持っている栄養成分には、人間の体を作っている主な5大栄養素(タンパク質・脂質・炭水化物(糖質)・ビタミン・ミネラル)と、その他に、核酸・活性ペプチド・アミノ酸・酵素・ムコ多糖体・成長因子の全部で11種類もの栄養成分が含まれています。

 

また、プラセンタには20種類の薬理作用を持っており、ホルモンを調整する作用、活性酸素を除去する作用、抗酸化作用など、豊富な栄養成分とともにこれらすべての相互効果によって、皮脂線から分泌される脂肪酸が酸化してしまうことを抑えてくれ、加齢臭の改善へのサポートをしてくれます。

 

プラセンタに含まれる成長因子は、細胞分裂を活発にして細胞の修復や再生を促すため、細胞の新陳代謝が活発になることによって、代謝の向上や体質の改善、体の組織や機能の若返りなど多くの効果が期待できます。

 

まとめ

体の内側からの加齢臭のケアとしてプラセンタサプリメントで改善を、体の外側からは皮脂腺が多い部分をきれいにすることで加齢臭の改善を改善して、ニオイに気を配れる、清潔感ある大人を目指しましょう。