いつかはやってくる更年期障害の心構えが大切

子どもが小さい頃はバタバタしながらしていた子育ても、50歳になるころには子どもに手がだんだんかからなくなって、本当なら自分の時間がたくさん持てるようになって、お友達と旅行や遊びに行くことだってできるはずなのに、なぜか最近調子が悪くて…なんてことはないでしょうか?

 

 

40代を過ぎたころから、しみやシワなどの肌トラブル、眠ったはずなのになんとなく体がだるい、疲れがとれない、不眠など、自分の体の変化に不安を感じて悩んでいる方が増えてきます。

 

 

こんな症状はありませんか?

 

□ 頭痛やめまいがある
□ のぼせたりほてったりする
□ 耳鳴りがする
□ 肌が乾燥する
□ 抜け毛・白髪が増えた
□ 肩こり
□ イライラする
□ 何もやる気になれない
□ 記憶力・集中力が低下した
□ 気持ちが落ち込むことが多い
□ 人に会いたくなくなる
□ 眠れない
□ 便秘や下痢になりやすい
□ 目や口が乾く
□ 疲れやすい
□ 月経不順・無月経
□ 冷え性  など

 

 

50歳前後5年の期間をいう更年期とは?

 

更年期とは、年齢を重ねていき卵巣の機能が衰え始めてから決まった周期できていた月経が不規則になり、個人差はあるものの最終的に卵巣の機能が停止した、一般的に50歳前後に閉経を迎える時期のことをいいます。

 

閉経の時期の前後5年間、約10年間(45歳〜55歳)の更年期にさまざまな症状が体に出てくることを更年期障害といいます

 

50代前後になってくると、周りいる友人や知り合いとの会話のなかに更年期障害の話も出ててくるようなって、なんとなく似たような症状が自分にもあるなぁと、自分が更年期障害かも?と気がつく方もいるのではないでしょうか。

 

更年期障害の主な原因ってなに?

若い頃には更年期障害という言葉は聞いていても、実際にはどのようなものでいつ来るのかわからないので実感はありませんが、更年期に入りだんだん自分の体に変化が出てくると不安に思うことも増えてきます。

 

現在、更年期障害に悩んでいる方、これからやってくる更年期障害に対して不安を持っている方も、まずは更年期障害について知っておくことで、自分の体の変化に納得ができるようにしておきましょう。

 

更年期障害の主な原因

 

  • エストロゲンの低下
  • ストレス
  • 性格や気質

 

 

女性の体に影響を与えるエストロゲンとは?

 

更年期に入り卵巣の機能が衰えてくると、卵巣から分泌される女性ホルモンの中の1つである卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌量が急激に減少していきます。

 

エストロゲンは卵巣で作られており、子宮の発育や子宮内膜などの成長にも関わりがあります。卵巣から分泌されるエストロゲンは、年齢によってさまざま影響を与えていくことで、女性としての機能が育ち、女性らしい体へと変わっていくことができます。

 

8歳〜18歳

エストロゲンの分泌が始まり、体がだんだんと女性らしく変わっていき月経が始まる

18歳頃になると排卵周期のリズムがほぼ安定し、エストロゲンが順調に分泌されるようになる

20〜30歳代

排卵周期が安定し、出産の適齢期になる

45〜55歳代

(更年期)

卵巣の働きが衰え始め、エストロゲンの分泌量が急激に減少する

55歳〜  

エストロゲンの分泌が終わり、子宮や卵巣がだんだんと小さくなり閉経を迎える

 

エストロゲンの分泌は8歳ごろから始まり、更年期に入り卵巣の機能は低下していき、エストロゲンの分泌量は急激に減少していくと閉経を迎えます。

 

しかし、閉経を迎えて卵巣はエストロゲンを分泌する能力がないにもかかわらず、脳の視床下部は卵巣からエストロゲンをもっと出すように信号を送り続けてしまうため脳の視床下部は混乱します。

 

脳の視床下部は、エストロゲンを分泌する他に自律神経もコントロールしているので、分泌量が減少すると交感神経と副交感神経がうまくバランスが取れなくなって自律神経が乱れてしまい、心や体の不調が起こりやすく、これらが原因となって更年期障害へとつながってしまいます。

 

また、女性ホルモンのエストロゲンが激減することにより、骨や関節、脳、血管、肌などの維持にも影響がではじめ、骨粗しょう症、動脈硬化、認知症などのリスクが高くなり、肌も老化してしまいます。

 

更年期障害の主な症状とは?

更年期障害の主な症状として例をあげてみますが、個人差があるのですべての方が同じ症状というわけではなく、さまざまな症状が1つ1つ組み合わさって出てきます。

 

のぼせ・ほてり・汗が出る

 

更年期になる、のぼせ・ほてり・発汗などの症状はホットフラッシュともいい、顔面から始まって頭部、胸部に広がっていき、2〜4分間程続き脈拍が増加します。

 

肩こり

 

肩周辺が痛んだり、こわばったり、だるくなったり、肩だけでなく首から背中にかけても症状が出やすくなります。
若いころからでも冷え性や肩こりの人は多く、更年期なると症状が悪化することがあります。

 

胃もたれ・胸やけ

 

胃や腸は自律神経に影響されやすく、自律神経が乱れ消化力が弱くなると、胃もたれ、むかつき、胃の痛み、吐き気などを感じることがあります。

 

イライラ、うつ状態、自律神経失調症

 

ほんの少しのことで気持ちが落ち込んだり、涙が出たり、イライラしたりなど感情のコントロールが難しくなってしまうことがあります。

 

むくみ

 

体温調整がうまくできず体温が下がり体が冷えることで血行が悪くなり、リンパの流れが悪くなるためむくみやすくなります。

 

めまい・耳鳴り

 

老化による感覚器官の機能の低下も関係しており、一般的に更年期障害の初期の段階でめまいや耳鳴りが起こりやすく、ぐるぐる回る回転性めまい、ふらふらする動揺性めまい、気が遠くなる失神型めまいに分かれます。

 

関節痛・リウマチ

 

小さな関節に痛みが出やすく、そのまま放置していまうことで骨が弱くなり症状が悪化してしまい全身に痛みがでてしまうこともあります。

 

 

 

主な更年期障害の症状をあげましたが、この他にもさまざまな症状が出てきます。
日常生活の中で若いころであっても心や体の不調は、少なからずあったとしても日常生活にまで支障をきたすことはそこまでありません。

 

しかし、更年期障害が発症してしまうと、心や体の不調が日常生活にまで影響をあたえてしまうようになってしまいます。症状が長期にわたって続くときは更年期障害だけではなく、別の病気の可能性があるため病院での受診をおすすめします。

 

医療機関で行うのプラセンタ療法とは?

更年期障害の治療というと、主にホルモン補充療法(HRT)によって女性ホルモンを補充する治療方法が多くとられています。
しかし、ホルモン補充療法を受けることができない既往歴がある方や、吐き気・頭痛・下痢などの症状が出てしまう方、副作用の心配をする方などもいるため、HRTの他に副作用のリスクが少ないプラセンタ療法があります。

 

プラセンタ療法には人由来のプラセンタ注射と錠剤があり、現在、「ラエンネック」・「メルスモン」の2種類だけが厚生労働省に認可されており、更年期障害の治療には「メルスモン」が使われています。(「ラエンネック」は肝機能障害で使われます)

 

1回の注射で使用されるアンプルは2〜3本で、更年期障害の治療でプラセンタ注射を打つ場合、医療機関によって金額は違いますが、保険が適用されるので1アンプル500円程度で受けられるかと思います。

 

しかし、プラセンタ注射は週2回程度打たなければならないので、費用がかさむことと通院の手間がかかってしまいます。

 

プラセンタ療法に使用される人の胎盤は、医療メーカーが契約している産婦人科で健康で感染などをしていない方の胎盤を原料としていますが、2006年に厚生労働省は、プラセンタ注射の感染症のリスクを考え、プラセンタ注射を1度でも打ったことのある人は、献血をしてはいけないという通達を出しました。

 

更年期障害対策にはプラセンタがおすすめ

更年期障害の症状によって体に出る不調は、日常生活にも支障をきたしてしまうこともあるため今すぐにでも改善したいですよね。

 

しかし、更年期障害の治療のためのホルモン補充療法(HRT)の副作用や、プラセンタ注射によって献血ができなくなるのが嫌だという人などにおすすめしたいのが、健康や美容の面でも効果があり安全性などでも優れているプラセンタサプリメントです。

 

プラセンタを体に取り入れることで、プラセンタの特徴である成長因子、豊富な栄養成分、20の薬理作用の相互作用によって衰えていた卵巣の働きをサポートし、自律神経やホルモンの分泌量のバランスを整えてくれ、血行促進や造血、疲労回復などの働きによって更年期障害の症状の緩和が期待できます。

 

馬・豚由来のプラセンタサプリメントの場合、健康補助食品としても取り扱われているため、即効性はありませんが毎日飲み続けることにより、更年期障害の症状だけではなく、その他に美容や健康に対してのさまざまな症状の改善が期待でき、通院の手間がなく、お手軽に毎日継続することにより安定した効果が期待できます。

 

まずは、一人で悩んでいるよりも、症状がひどくなる前に身近な人や医師に相談してみることをおすすめします。

 

また、プラセンタと一緒に生活習慣を見直して、軽い運動、食生活の見直しなど、日常生活の中の小さなことから1つずつ改善していき、更年期障害の症状に負けない体を作っていきましょう!