大人ニキビは思春期にできるニキビと何が違うの?

ニキビは思春期だけにある肌の悩みだというイメージがありますが、20歳を過ぎてからできてしまうニキビのことを大人ニキビといい、ストレスや疲れたりすると頬や顎、首などのフェイスラインにできてしまいます。

 

 

大人ニキビは一度できてしまうとなかなか治らず、下手に触ったりつぶしてしまったりすると炎症を起こしてしまい余計に悪化してしまいます。

 

炎症がひどい場合、加齢によるターンオーバーの遅れによってニキビの跡が残ってしまったり、そのままシミになってしまうこともあるため、正しいニキビケアをすることが大切になってきます。
大人ニキビの違いを比べてみたいと思います。

 

大人ニキビができる原因ってなに?

思春期にできるニキビは、身体を作るのに必要な成長ホルモンが分泌されることで、皮脂腺が刺激されて皮脂が過剰に分泌されたものが毛穴に詰まってしまい、そこにアクネ菌が繁殖して炎症が起こることが原因です。

 

しかし、大人ニキビは思春期ニキビと違い原因が1つではありません。

 

ホルモンバランスの乱れ

忙しい毎日の生活のなかでのストレス、疲れ、生活習慣の乱れなどによってホルモンバランスが乱れてしまうと、ターンオーバー(肌の新陳代謝)がうまくいかず、毛穴に皮脂や汚れが溜まってしまい、角栓によって塞がれて炎症が起こりニキビの原因となります。

 

肌のバリア機能の低下

毎日の忙しさでつい洗顔に手を抜いて適当にしてしまうと、肌の上に古い角質が残って剥がれずに積み重なってしまいます。
古い角質がずっと肌に残っているとバリア機能の低下につながりやすく、加齢による抵抗力の衰えもあり、より肌荒れが悪化してニキビができやすくなります。

 

皮膚への刺激

季節に関係なく常に外部の刺激にさらされてしまう顔は、化粧などの刺激、紫外線、気温差や乾燥などのさまざまな刺激が何度も加えられることによって、ニキビが出来やすくなります。

 

脂質や糖分の摂り過ぎ

脂肪分や油分、糖分の多い食事など、おいしいものほど体によくないものが多いと言います。ストレス解消においしいものを食べるという方もいるとは思いますが、栄養バランスが偏ってニキビができる原因になってしまいます。

 

できてしまったニキビ跡の対処法とは

ニキビができてしまったときのケアの仕方によってニキビ跡の状態が違ってきますが、できてしまったニキビ跡には、それぞれどのように対処すればいいのでしょうか。

 

◆赤みだけが残っている

 

ニキビの炎症によって毛穴の周りがうっ血してしまい赤みが残ります。

■対処法
肌に浸透しやすいビタミンC誘導体が配合されている化粧水や美容液が効果あります。

 

◆紫色や茶色の色素沈着

 

紫色の場合、炎症によって毛穴周辺の毛細血管が破裂したことにより血がにじみ出てしまった状態です。
茶色の場合、ニキビが炎症を起こしているときに日焼けをしてしまうことで色素沈着してしまいます。

■対処法
古くなった角質が残っている状態なので、肌への刺激が少ないタイプの洗い流せるピーリング剤で、やさしく角質を落としましょう。
しかし、ピーリングのやりすぎは肌によくないので週1程度でお手入れをし、その後はビタミンC誘導体が配合されている化粧水や美容液を使用すると効果が高くなります。

 

◆クレーター状

 

炎症がひどくなることによって皮膚組織まで破壊されてしまい、皮膚組織が回復できずクレーター状になってしまいます。

■対処法
クレーター状のニキビ跡は、できてしまうと改善することが非常に難しいので、美容皮膚科で治療をすることをおすすめします。

 

 

ニキビ跡に効果が期待できるビタミンC誘導体

 

浸透率が高く効果のスピードが速いものが配合されている化粧水や美容液ほど値段が高くなります。お店で販売されている安い化粧水などには、実際に肌に効果のある配合率のものはなかなかないのが現状です。

 

@パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS、アプレシエ)
Aリン酸アスコルビル
Bテトラヘキシルデカン酸アスコルビル
Cアスコルビン酸グルコシド

 

浸透率が高く効果のスピードが高いのは、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS、アプレシエ)、リン酸アスコルビルなので、この2つが成分表示されている商品を選ぶことがおすすめです。

 

正しいニキビケアがきれいな肌を保つ!

思春期ニキビが終わってやっとビキニから解放される!ということはなく、大人ニキビになってしまって困っている方は男性も女性もたくさんいるのではないでしょうか。

 

20〜30代のときにできたニキビをきちんとケアしておかないと、肌の新陳代謝が遅れてくる40〜50代になって、ニキビ跡が色素沈着してシミになってしまいます。

 

思春期ニキビも大人ニキビもどちらにも言えることですが、ニキビケアの基本的なことは毛穴に皮脂や汚れが詰まってしまい、炎症が起こらないようにすることです。

 

人間の皮膚に普段から存在する常在菌は病原菌の繁殖や侵入を防ぐ働きや、皮膚の酸性度をコントロールしているため、肌を清潔にするために洗顔をしても、すべての菌を洗いながすということはおすすめできません。

 

大人ニキビを予防するために、次のようなケアをすることがおすすめです。

 

 

正しい洗顔

一日に繰り返し何度も洗顔はしないで、朝と夜の洗顔を丁寧に行い、洗顔料で洗う前に清潔にした手で、32℃程度のぬるま湯で顔をすすいで汚れを落とし肌を柔らかくしておきましょう。
肌を柔らかくすることで、洗顔料をしっかりと泡立てて肌にやさしくなじませるだけで汚れが落ちやすくなります。

 

スキンケア

正しい洗顔をしたあとは、たっぷりの化粧水と乳液で保湿をしっかりとしましょう。正しく汚れが落ちた肌は化粧水の浸透力も上がり、たっぷりの水分をどんどん吸い込んでくれます。
そのあとは乳液で水分が蒸発しないように肌に膜をはっておきましょう。

 

UVケア

できてしまったニキビに紫外線があたり日焼けしてしまうと、シミになってしまうケースがあります。ニキビが痛くてUVケアを避けたくなるところですが、紫外線対策にしっかりとUVケアをしましょう。

 

睡眠

生活習慣が乱れて睡眠不足になるとホルモンバランスが乱れてしまいニキビができやすくなります。睡眠時間をたっぷりとって生活リズムを整えて、寝ている時に行われるホルモン分泌で肌の修復や再生をしましょう。

 

食事

栄養のバランスが悪い偏った食生活をしていると肌トラブルが起きやすくなります。ビタミンやタンパク質をしっかりとって新陳代謝をアップさせて肌のターンオーバーが正常に働くように

 

適度な運動

代謝アップやストレスの発散などもできるため適度な運動をしましょう

 

ニキビ予防にプラセンタの効果がサポート

年齢によって症状なども変わってくるニキビは、若いうちは新陳代謝が活発なのでシミになりにくくても、年齢を重ねるごとに新陳代謝が悪くなってくるためシミができやすくなってしまいます。

 

傷跡が残ってしまわないようにするためには、傷になってしまい薄くなってしまっている皮膚に紫外線をあてないようにしたり、肌の乾燥・食生活・ストレスなどによって乱れやすい、皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)を正常に保つようすることが大切です。

 

そこで、傷の回復や傷跡を残したくないという方におすすめしたいのが、プラセンタの効果です。
プラセンタが持っている、たくさんの栄養成分やプラセンタの特徴である成長因子、薬理作用による相互効果によって、ニキビ跡などの傷跡を残さないようにサポートしてくれます。

 

基礎代謝を向上作用

⇒ 肌の新陳代謝(ターンオーバー)を活発にする

 

免疫賦活作用

⇒ 体の免疫力を上げ自然治癒力を高める

 

活性酸素除去作用

⇒ シミの原因になるメラニン色素を抑制

 

抗炎症作用

⇒ 傷跡を回復させるサポートをしてくれる

 

傷創回復促進作用

⇒ 傷ついて壊れた組織の修復をする

 

内分泌調整作用

⇒ ホルモンバランスを整える

 

抗炎症作用や免疫賦活作用によって、アクネ菌にによってできたニキビの炎症を抑え、基礎代謝の向上作用により、肌の新陳代謝(ターンオーバー)を正常化させます。

 

また、内分泌調整作用はホルモンバランスを整えることによってニキビ予防をし、活性酵素除去作用によってメラニン色素の生成を抑制することでニキビの跡も軽減されます。

 

サプリメントは、即効性はありませんが毎日飲み続けることにより、美容や健康に対してのさまざまな症状の改善が期待できます。プラセンタの効果と正しいニキビケアでニキビ跡のない美しい肌を保ちましょう!