プラセンタ注射に使用される胎盤とは?

プラセンタ注射に使用されている有効成分は、赤ちゃんが成長するのに必要な栄養がぎっしりつまった人の胎盤が使用されています。胎盤はお母さんの子宮内に着床した直径0.1mmほどの小さな受精卵を、わずか10ヶ月という期間で平均3000gの胎児に育て上げるという驚異的な働きを持っている組織です。

 

 

この胎盤のことを英語でプラセンタといい、胎盤の豊富な有効成分によって各部各所を本来あるべき状態に戻そうとする復調作用があり、古くから医薬品として利用されていたと言われています。

 

紀元前・古代ギリシャ時代では医師ヒポクラテスも治療に用いたという記録が残されていたり、美肌やアンチエイジングの効果としてクレオパトラやマリー・アントワネットも愛用していたとも言われています。

 

プラセンタ注射とは

プラセンタ注射は、人の胎盤から抽出されたものなので、有効成分が身体へ吸収されやすくなじみやすいため即効性があり、肝機能障害、更年期障害の症状の治療、美容目的にも使用されます。

 

プラセンタの有効成分を注射や内服などによって体に摂取して治療することをプラセンタ療法といい、プラセンタ注射に使用されている注射薬は、薬剤メーカーが契約をしている国内の産婦人科から提供され、健康な日本人の胎盤が原料となっています。

 

 

血液や感染症などの検査をした後、高圧蒸気滅菌と、無菌試験・動物試験が行われるなど、厚生労働省で医薬品として認可されているため医療機関でしか投与することができません。現在、厚生労働省で認可されているのは人由来のヒトプラセンタのみで「ラエンネック」と「メルスモン」の2種類があります。

 

  • ラエンネック → 肝機能障害の改善(保険適用)
  • メルスモン → 更年期障害の改善(保険適用)

 

アンチエイジングや美肌などの美容目的で利用する場合にはメルスモンが使用されますが、保険が適用外になるため実費での支払いになってしまいます。

 

更年期障害の治療のためにプラセンタ注射を打っていたら、症状の改善だけではなく肌の調子もよくなって若返った気がするということもあるようです。

 

プラセンタ注射の効果とは?

プラセンタ注射に使用される、人の胎盤から有効成分を抽出したプラセンタエキスには、アミノ酸に加えタンパク質、脂質、糖質などの三大栄養素だけではなく、身体の働きを整えるビタミン・ミネラル・核酸・酵素、細胞の新陳代謝を促す成長因子などの栄養素が豊富に含まれています。

 

ヒトプラセンタは人間の胎盤が原料となっているので、含まれている成長因子も身体になじみやすいため吸収率や即効性に優れています。

 

プラセンタにしか含まれていない成長因子は、体の中の細胞分裂を活性化する働きがあるので、新陳代謝が促されて、代謝の向上や体質の改善、体の組織や機能が若返るなどの効果が期待できます。

 

・美白
・シミやしわ、たるみ
・潤いや肌のハリ
・更年期障害
・生理痛、生理不順
・月経前症候群(PMS)
・冷え性
・疲れが取れない
・アレルギー症状
・不眠症
・自律神経失調症、うつ病

 

プラセンタ注射を摂取する前に知っておきたいこと

美容や健康の悩みに対してプラセンタ注射を打ってみたいと思ったときに、投与方法や費用など気になることがたくさんあり、不安になることもあるのではないでしょうか。

 

投与方法は?

医療機関でできるプラセンタ注射の投与方法は、皮下注射と筋肉注射のみ厚生労働省に認可されており、静脈注射や点滴などの血管内投与は急激な血圧低下などの副作用が報告されているので、認可がされていません。

 

皮下注射

 

インフルエンザの注射と同じように皮膚の浅いところに針を刺すので、痛みはありますがひどい痛みではありません。
血管が少ない皮下組織に薬液を注射するため少しずつ血管に吸収されるため、効果の持続力があります。

 

筋肉注射

 

皮下組織の一番奥にある筋肉層に、太い針を刺して薬剤を投与するため痛みを感じます。
筋肉層にたくさんの血管があるため吸収力がよく即効性がありますが、効果の持続力は皮下注射より低くなります。

 

ツボ注射(顔面注射)

 

エイジングケアなどで利用されるツボ注射(顔面注射)を行っている医療機関もありますが、厚生労働省に認可されておらず、金銭的にも他のプラセンタ注射に比べると高めになっているのであまりおすすめできません。

 

静脈注射(点滴)

 

薬液を血管に直接投与するため、全身に薬液が巡るのが早くプラセンタの効果を実感しやすいのですが、効果の持続力は皮下注射や筋肉注射よりも低くなります。

 

また、エイジングケアなどで利用されるツボ注射(顔面注射)を行っている医療機関もありますが、金銭的に他のプラセンタ注射に比べると高めになっています。

 

プラセンタ点滴(静脈注射)の注意点

 

現在、プラセンタ注射は、慢性の肝機能障害を対象としているラエンネック、更年期障害や乳汁分泌不全を対象としているメルスモンの2種類が医薬品として認可おり、皮下注射か筋肉注射でなければ使用できません。

 

本来、皮下注射か筋肉注射をすることで、皮下組織や筋肉層にプラセンタの成分を長い時間どとまらせておくことで効果あるのですが、プラセンタ点滴(静脈注射)の場合、成分が体外に排出されてしまうのが早いので、プラセンタの効果が薄くなってしまいます。

 

また、静脈注射を受けたことによってショック症状が起きてしまったという事例もあるため、患者さんがプラセンタ点滴(静脈注射)を希望した場合には副作用などのリスクがあり、仮に事故が起こってしまったとしても、医薬品副作用被害救済制度が適用されません。

 

医薬品副作用被害救済制度 … 病院や診療所、または薬局などで購入した薬を適正に使用したのに、副作用によって入院が必要になってしまうほどの重い健康被害が起きてしまったときに、医療費や年金などの給付がされる公的な制度

 

効果が出るまでの期間は?

プラセンタ注射を打ってからの効果がでるまでの期間や、効果が出てから持続する期間などは人によって違います。

 

プラセンタ注射は1回の注射だけでは意味がなく、定期的に持続して投与していく必要があります。

 

美容目的で利用する場合

  • 最初の1ヶ月 ⇒ 1週間に2回程度
  • 2ヶ月目 ⇒ 1週間に1回程度
  • 3ヶ月目ぐらい ⇒ 1ヶ月に1回程度

 

プラセンタの効果や持続する期間などは、目的によって人それぞれ違ってきますが、プラセンタ注射の場合は即効性があり、一般的に打ってから早い人で1週間程度、そしてたくさんの人が1ヶ月以内には効果を感じている人が多いようです。

 

費用は?

保険が適用される、肝炎や肝硬変などの肝機能障害、更年期障害などは安価でプラセンタ注射の治療を受けることができますが、美容目的や疲労回復などの健康目的の場合には、実費になります。

 

美容目的の場合は自由診療になるので、一般的に1アンプルの費用は1,000円〜2,000円程度で、1回の注射で2〜3アンプル使用するので、1ヶ月間で約10,000〜20,000円がかかり、医療機関によってかかる費用が違ったり、定期的に通うことになるのでコストがかかってしまいます。

 

医療機関によって金額が違いますが、価格に差がでる理由にプラセンタの量が違っていることもあるので注意が必要です。

 

「1回1,000円だから、安くて続けられる」という話を聞いたことがありますが、プラセンタの量が少なかったり、純度が低かったり、ほかの成分が入っていたりなどする場合があるのです。

 

もちろん、そういう医療機関ばかりではありませんが、プラセンタ注射を打つ前に、医療機関で料金と内容を確認をするなど、信用ができる医療機関で摂取しましょう。

 

プラセンタ注射を打つことによるリスクとは

プラセンタ注射は美容や健康に対しての即効性があるので、すぐにでも効果を試したい!と思ってしまうのですが、プラセンタ注射に関して知識がないまま、簡単に打ってしまうのは少し待って下さい!プラセンタ注射は、打つことによって次のようなリスクもあります。

 

プラセンタ注射と一度でも使用した人は献血ができません

 

狂牛病(BSE)以降、平成18年に厚生労働省はプラセンタ注射と一度でも使用した人は、プラセンタ注射による感染症の危険を否定することができないため、献血をすることを禁止しています。(血がつながっている家族内の輸血はできます)

 

 

国内でのプラセンタ注射は加熱処理がしっかりとされており、感染症が起こる確率はほとんどなく医薬品として認可はされているものの、人の胎盤が原料となっているため、B型・C型肝炎ウィルス、バクテリア、エイズウィルスなどの病原体や感染症などの可能性は100%ないとは言えません。

 

そのため、注射を打つ前には必ず同意書にサインをしなければなりません。同意書には『今は解明されていないけれど、新たな病気にかかる可能性がある』と記されています。つまり、注射を打つことによって、この先にまだわかっていない血液の病気に関係する可能性がゼロではないということです。

 

プラセンタ注射が不安ならプラセンタサプリメントがおすすめ

プラセンタ注射の場合、即効性があるので効果を早く実感することができるのですが、1ヶ月に何度か医療機関に通わなくていけなくなります。

 

働いているためになかなか時間が取れなかったり、どうしても用事があって打ちに行けなかったりなど定期的に行けないことがあります。
やはり、定期的にプラセンタ注射を打たないと効果は持続できません。

 

そこで、即効性はありませんがコストの面や通院しなくてもよく、自宅で簡単に続けられることができる、国内で健康補助食品としての扱いになる、豚、馬由来のプラセンタサプリメントがおすすめです。

 

プラセンタサプリメントを毎日きちんと飲みづ付けることによって、加齢によって衰えてくる身体の機能を、現状よりも少し時間を戻しできる限り老化を遅らせて、いつまでも若々しくいられるようにするためのサポートをしてくれます。

 

忙しい毎日のなかでは、美容や健康に大きく関係する栄養素をバランスよく摂るということはなかなか難しいこともありため、健康補助食品でもあるプラセンタサプリメントで、体に必要な栄養を補うことも1つの方法ではないでしょうか。