プラセンタの安全性や副作用を知っておくことが大切

「若々しくいたい」「健康でいたい」など、美容や健康にさまざまな効果が期待できると注目されるプラセンタですが、摂取する方法として注射・サプリメント・ドリンクなどがありますが、どれも直接体の中に摂取するものです。

 

 

プラセンタは安全性が高いとは言われていますが、どの方法を選ぶとしても注意をしなければいけないこともあります。プラセンタを摂取する前にその安全性や副作用についてもしっかりと知っておきましょう。

 

プラセンタの安全性は高いの?

医療機関でしか摂取することができないプラセンタ注射は人の胎盤が原料となっており、人由来のヒトプラセンタ注射・錠剤は医薬品として取り扱われています。

 

人由来のプラセンタは、医療メーカーと契約している日本の産婦人科から正常分娩の方の胎盤が提供されており、厳重な血液検査や品質管理などさまざまな安全対策がされているため安全性が高いといえます。

 

現在、日本ではプラセンタ注射による感染症などの報告はありませんが、プラセンタ注射からの感染症などのリスクがまったくないとは言えないため、献血をすることができなくなるなど、プラセンタ注射を打つときには自己責任で注射を打つという同意書を書く必要があります。

 

また、豚や馬の胎盤が原料となっている国内で流通しているサプリメント、ドリンク、化粧品などは、製造工程で滅菌処理などがされて安全性が保たれていますが、より安全なものをと考えている方は、原料となる動物の飼育環境、エサなどがきちんと管理されて育てられていることがわかる胎盤が原料となっているものを選ぶと安全です。

 

現在、国内で流通しているのは豚・馬由来のプラセンタですが、以前は牛の胎盤が使用されていたこともありましたが、狂牛病(BSE)が発生してからは厚生労働省からの「BSEが発生している国の牛や羊など反芻動物の胎盤を原料としないこと」との通達もあり、国内では流通されていません。

 

医薬品として取り扱われるプラセンタ注射とは?

人の胎盤から抽出されている人由来のヒトプラセンタには「メルスモン」と「ラエンネック」の2つがあり、皮下注射と筋肉注射でしかプラセンタ注射の投与を認められていません。

 

有効成分が身体へ吸収されやすくなじみやすいため即効性があります。美容効果、肝機能障害、更年期障害の症状の治療に使用されています。

 

 

厚生労働省で認可されているプラセンタ注射

 

メルスモン

 

  • 更年期障害
  • 乳汁分泌不全

更年期障害の症状である、ほてりや発汗などの諸症状の緩和、産後の乳汁分泌が不足している症状にも効果があります。

 

ラエンネック

 

  • 肝機能障害

肝臓に負担がかかってうまく機能しなくなった状態、慢性の肝疾患における肝機能の改善に効果があります。

 

 

 

プラセンタ注射は人の胎盤が原料になっているため、B型・C型肝炎ウィルスや、バクテリア、エイズウイルスなどの病原体を持っている可能性も否定ができないので、プラセンタ注射を1回でも打った人は献血をしてはいけないと厚生労働省から通達されています。

 

プラセンタ注射の副作用

 

メルスモンやラエンネック以外の投与法として、認可されていない静脈注射などの場合、すぐに体外へ排出されて効果がすぐになくなったり、ショック状態や血圧低下などの症状が現れてしまうケースがあります。

 

現在、「ラエンネック」「メルスモン」のプラセンタ注射で重篤な副作用はありませんが、はやり医薬品として扱われている以上、リスクは低いけれども「可能性はある」ということです。

 

プラセンタ注射の場合、注射した部分が一時的に赤く腫れたり、かゆくなる、腕がだるくなる、痛みがあることがありますが、発症例としてはほんの少しで、半日程度で症状がおさまります。

 

プラセンタエキスにはタンパク質やアミノ酸などのたくさんの成分が含まれているので、その成分に対するアレルギーを持っている方は、医師に相談してから摂取する方が安心です。

 

健康食品として取り扱われるプラセンタサプリメントとは?

国内で販売されている豚や馬由来のプラセンタサプリメント、海外から輸入された羊由来のプラセンタサプリメントは、健康補助食品としての扱いになっているほど、医薬品として使用されている人由来のヒトプラセンタより大きな副作用はないといえます。

 

しかし、その安全性は原料である動物「馬」「豚」「羊」の、育てられる環境や食べ物であったり、ストレスなどが原料となる胎盤に影響して品質に大きく関係してきます。

 

毎日口から摂取するものなので、プラセンタサプリメントの原料となっている豚や馬の胎盤が、健康管理や衛生管理がきちんとされている農場から仕入れがされており、抽出方法や製造方法など、きちんとメーカーによって自信を持って表示されている、安全性が高い品質のよいものを選びたいところです。

 

 

豚プラセンタ

 

1度の出産でたくさんの子供を産む豚の胎盤は、数が多くなるため大量生産がしやすいので価格もお手頃になるので、サプリメントや化粧品など市販のプラセンタは豚のものがほとんどです。

 

豚プラセンタを選ぶときには、しっかりとした衛生管理や飼育管理がされたSPF豚の胎盤が原料となっているものが品質がよく、有効成分がしっかりと残っているのでおすすめです。

 

豚は病気にかかりやすい動物なので、なかにはワクチンの投与やエサなどに薬が混ぜられたものを食べて飼育され、その胎盤からプラセンタエキスを抽出するなど、安全性が不透明なものも多くあるため、商品を選ぶときには気をつけなければいけません。

 

馬プラセンタ

 

馬プラセンタに使われる馬は国産サラブレッドや外国産のサラブレッドのものが多く、1頭1頭の血統や、飼育されている環境がきちんと管理されているので安全性が高く安心です。最近は国内でのサラブレッドの胎盤の確保が難しく、外国産や同じような環境で飼育された食肉馬の胎盤などを使用している商品も増えてきています。

 

馬は病気にかかりにくく体温が高いので寄生虫もつかず、ワクチンや薬剤の影響をほとんどうけないので、胎盤から有効成分を抽出するときに不純物が混ざることがほとんどありません。

 

国産でも外国産の胎盤でも、メーカーによって厳しい自社基準による感染症などの検査や製造工程を経て安全性を高めているので、しっかりと有効成分残った品質のよいプラセンタエキスが抽出されます。

 

羊プラセンタ

 

羊プラセンタは海外のハリウッド女優やセレブの人たちに人気があります。病気にかかりにくいのでワクチンや薬剤の影響をほとんどうけず、不純物が混ざることがほとんどありません。

 

しかし、羊にはスクレイピーという狂牛病に似た伝染病があり、もしものことを考えて厚生労働省が羊の胎盤を使うことに制限をかけたため、日本では海外からの輸入品以外は流通されていません。

 

そのため、試してみたい方は海外から輸入された商品を購入することができますが、その分値段も高くなってしまいます。

 

プラセンタサプリメントの副作用

 

プラセンタサプリメントは健康補助食品として扱われているため、プラセンタ注射のような副作用はなく、飲んだからと言って献血ができなくなるということもないので安心して飲むことができます。

 

有効成分がしっかりと残っているものを選んで飲むことで、即効性はありませんが継続して飲み続けることでプラセンタの効果を実感することができます。

 

しかし、プラセンタエキスにはタンパク質やアミノ酸などのたくさんの成分が含まれているので、その成分に対するアレルギーを持っている人は、原材料を確認して医師に相談してから摂取する方が安心です。

 

プラセンタの安全性や副作用のまとめ

プラセンタを摂取すると、プラセンタに含まれている豊富な栄養成分屋成長因子、20もの薬理作用によって体の内側から細胞自体が元気になり、美容や健康のさまざまな悩みに効果を実感することが期待できます。

 

プラセンタを摂取し始めたばかりの頃に起こりやすい症状で、最初のころはプラセンタの効果によって身体の機能が正常になろうとするため、生理が不順になったり、出血の量が多くなるということがあったりしますが、このような症状は続けて摂取していくうちに自然におさまります。

 

また、プラセンタの自律神経のバランスを整える作用によって、何をしてても眠くて仕方がないという方もいて、人が動いている時に働く交感神経による緊張やストレスなどがほぐれることによって、脳がリラックスをすることによる症状だと言われており、一時的なものなのでだんだんと治まっていきます。

 

このような症状はプラセンタの副作用ではなく、プラセンタの作用による好転反応と考える方がいいかもしれません。

 

医療機関でも使用されるほどの効果があるプラセンタですが、やはり可能性は低いとはいえ副作用があるというを知っておけば、症状が出たときに焦らずに対処することができます。

 

生理不順などの症状や体調の変化がずっと続いたり、アレルギー反応が出てしまった場合など、体調に不安がある症状が出た場合には医師に相談しましょう。また、プラセンタを摂取する前に不安がある場合には、先に病院でお医者さんに話を聞いてみてから摂取してくださいね。