肌にダメージを与えて肌を老化させる紫外線とは?

紫外線が強い季節と言えば、暑い夏!というイメージですが、実際は季節に関係なく、太陽が一番高く真上に来る正午前後には最も紫外線が強くなります。つまり、紫外線の量は違っていても1年中紫外線は私たちに降り注いでいるということなんですね。

 

 

しかし、やっぱり夏は暑いので寒い季節よりも薄着になるので、肌をすべての紫外線から守るというのはなかなか難しい季節でもあり、最も肌のダメージを受けてしまう季節でもあります。そして、女性が紫外線によって最も老けてしまう季節でもあるのです。これはツライ現実です。

 

紫外線には、A波(UVA)・B波(UVB)・C波(UVC)の3種類があり、このなかで人の体に最も影響を与えてしまうのがB波(UVB)です。

 

紫外線B波は、皮膚の潤い成分を作る真皮層にまで届いて細胞にダメージを与えてしまうため、皮膚のバリア機能が破壊されて免疫機能が低下することで、皮膚が赤くなったり、水ぶくれ、肌荒れなどの肌トラブルや、肌の弾力が低下したり、しみやシワができやすくなってしまいます。

 

本来ならば、太陽の光を浴びることで体の中でビタミンDが作られて自律神経が整えられるのですが、最近では紫外線を遮る役割をしているオゾン層の破壊が進んで、地球上に降り注ぐ紫外線が増えていることで、太陽の光を浴びる時間が長くなると人の体に悪い影響を与えてしまいます。

 

肌のダメージを防ぐ日焼け止めを選ぶのポイントは?

紫外線が肌にダメージを与えないように日焼け止めや日傘を使用して紫外線をカットするのと同時に、どうしても防ぎきれない紫外線のダメージが蓄積しないように、正しい紫外線ケアをしていくことが将来のシミやしわを防ぐために必要です。

 

日焼け止めには「SPF(サン プロテクション ファクター)」「PA(プロテクション グレイド オブ UVA)」という表示がありますが、なんとなく数字が大きい方が効果があるのかな?+が多い方がいいのかなというイメージがあります。

 

場所や活動する時間帯によって適切な「SPF」や「PA」は変わり、「SPF」⇒B波(UVB)の防止効果、「PA」⇒A波(UVA)の防止効果を表しています。

 

日焼け止めの化粧品などでは「SPF15」などの数値が記載されており、数値の大きい方がB波(UVB)の防止効果があり、A波(UVA)は「PA++」など、+の数で防止効果が記載されています。

 

例えば、SPF10の場合、日焼けが起きると言われている平均20分の時間で計算すると、『SPF10』20分×10倍=200分(3時間20分)の間は有効となります。(汗などによって効果が落ちてしまうことがあるため、こまめに塗りなおすことが必要です)

 

PA+

効果がある

日常生活
(SPF10前後)

PA++

かなり効果がある

屋外での軽いスポーツやレジャーなど
(SPF10〜30)

PA+++

非常に効果がある

炎天下でのレジャー
(SPF30〜50)

PA++++

効果が極めて高い

リゾート地でのマリンスポーツ等
(SPF50+)

 

紫外線の量が多い季節、特に夏はベースメイクや日焼け止めを「SPF(B波(UVB)の防止効果)」の高いものを選ぶようにしましょう。

 

 

日焼け止めの使用期限はいつまで大丈夫?

 

日差しの強い季節に買って使う日焼け止めも、そのシーズンが終わると余ってしまうことはありませんか?残ってしまった日焼け止めを、「去年のけどたくさん残っているから…」とそのまま使っていませんか?

 

実は日焼け止めの使用期限は開封時と未開封時で期限が変わってきます。

未開封 ⇒ 使用期限 3年
開封時 ⇒ 使用期限 1年

 

保存状態にもよりますが、基本的に薬事法では3年以内に品質が変わらず使用しても問題がなければ、使用期限の記載は義務づけられていません。ただし、これは未開封の使用期限なので、日焼け止めの場合未開封であれば使用期限は3年間ということになります。

 

ちなみに、無添加タイプの日焼け止めの場合、期限が短くメーカーによっても期限が違いますが、基本的には未開封時で1年、開封時では6ヶ月とされています。

 

日焼け止めは乳液をベースにしているものが多く、防腐剤が含まれていても空気にふれると酸化しやすいので、去年のものを開けてみた時に、変色していたり、固まった日焼け止めがついていたりする場合は使用をやめておきましょう。

 

プラセンタサプリで体の内側から紫外線ケア

日常生活のなかで紫外線をまったく浴びないというわけにはいきません。いくつになっても美しい肌でいるためには、シミやソバカスの原因になるメラニンの生成を抑えることが重要になってきます。

 

紫外線による肌のダメージを予防するには、食事・睡眠・ストレスなど毎日の生活で気をつけていくことも大切です。しかし、忙しい毎日の生活のなかではなかなかバランスのとれた食事などを摂るということが難しいという人もいます。

 

そのような方におすすめしたいのが、美容や健康にさまざまな効果をもっているプラセンタです。

 

プラセンタには、豊富な栄養成分、成長因子、20の薬理作用の相互効果によって、美容や健康に対してのさまざまな効果が期待できます。

 

 

活性酸素除去作用

 

ストレスや紫外線を浴びることによって過剰に増えてしまった活性酸素を除去してくれるので、紫外線による肌のハリ・弾力を支えるコラーゲンのダメージを抑制して肌の弾力を保ち、メラニンの生産を抑制してくれるのでシミやくすみを予防してくれます。

 

 

線維芽細胞増殖作用

 

プラセンタの線維芽細胞増殖作用によって、肌の真皮層にある潤い成分「コラーゲン」「エラスチン」「ヒアルロン酸」の生成を助けてくれるため、肌の内側からハリや潤いへのサポートをしてくれます。

 

 

血行促進作用

 

血行が悪いと肌に老廃物が溜まりやすくなるため、シミやくすみなどの原因になってしまいます。
プラセンタの効果によって血行の悪さが改善して血液から肌の1つ1つの細胞に栄養が届くことで、肌の新陳代謝(ターンオーバー)が正常にされて肌の老廃物を押し流すことができます。

 

紫外線によるトラブルを予防するためには、毎日、紫外線を過剰に浴びないようにこまめなUVケアと一緒に、プラセンタを摂取することによる効果によって、蓄積してしまった紫外線のダメージをケアしていくことが大切です。

 

ヒトプラセンタ以外の豚・馬・羊由来のプラセンタは健康補助食品としての取扱いとなるため、即効性はないので最低でも3か月は継続して摂取することが必要になってきます。

 

しかし、継続して摂取することによってプラセンタの美容や健康に対するさまざま悩みを改善することが期待できます。