植物性プラセンタは胎盤がないのにどうしてプラセンタと言われるの?

英語では哺乳動物の胎盤のこと「プラセンタ」といいます。現在、美容や健康にたくさんの効果を持っているプラセンタは、人・豚・馬・羊の胎盤から抽出された有効成分であるプラセンタエキスを、一般的にプラセンタと呼んでいます。

 

哺乳動物の胎盤が使用されているプラセンタを「動物性プラセンタ」といいますが、化粧品などに配合されているプラセンタの中には、「植物性プラセンタ」が使用されているものがあります。

 

 

植物プラセンタが使用される主な基礎化粧品

 

  • 化粧水
  • 美容液
  • クリーム
  • フェイスマスク
  • パック など

 

植物性プラセンタには胎盤がないのに、どうしてプラセンタと言われてるの?と疑問に思ってしまいますよね?そうなんです。サイト管理人もドラッグストアで植物性プラセンタが配合されている化粧水を見たときに「植物に胎盤ないよね?」と思ってしまいました。

 

植物性プラセンタには、動物性プラセンタにはある胎盤はありません。しかし、英語では植物の胎座のこともプラセンタというため、植物性プラセンタと呼ばれています。

 

植物性プラセンタとは?

植物が子孫を増やすために「おしべ」と「めしべ」が受粉され、植物の胚の中に胎座ができ、植物を成長させるのに必要な栄養分を蓄積しています。

 

胎座には、植物を成長させるために必要な栄養分が蓄積されており、哺乳動物が胎児を成長させるために母体から栄養や酸素を受け取っている「胎盤」と同じような働きをしています。

 

しかし、植物プラセンタには動物性プラセンタの特徴である、細胞自体を元気にして健康な元の状態に戻そうとする成長因子(グロースファクター)が含まれていないため、同じプラセンタでも別のものです。

 

一般的に、植物性プラセンタに使用される植物は、大豆やとうもろこしが主になっており、その他にアロエ、クロレラ、ライ麦などの胎座も利用され、いくつかの植物から抽出された天然成分が混ざっています。

 

植物の胎座から抽出されるエキスには、アミノ酸やミネラル、ビタミンなどの豊富な栄養成分が含まれており、美肌効果が期待できるためスキンケア用品に多く利用されています。

 

また、植物という自然からの成分なので、動物性のプラセンタのように感染症などの心配がないため、より安全性が高いものをと考えている人にはおすすめの成分です。

 

抗酸化作用があるメロンプラセンタ

 

最近は、北海道産のメロンが原料となっているメロンプラセンタがあり、スキンケア用品だけではなくサプリメントや、粉末にしたものをスムージーにまぜて飲んだりもされています。

 

メロンプラセンタは、種子の周りにある綿状の部分(胎座)から取れる貴重な原料が使用されており、胎座から特殊に抽出した美容成分には、アミノ酸・ビタミン・ミネラル・コラーゲンなどがたっぷりと含まれていいます。

 

また、動物性プラセンタよりも抗酸化作用が高いとも言われており、美容効果をしっかりと実感できます。動物性に比べて感染症などのリスクもないので安心して使用できます。

 

おすすめしたいプラセンタ効果

安全性が高く、美肌などの美容効果が期待できる植物性プラセンタですが、やはり美容や健康のどちらも身体の内側から元気になれるのが理想ではないでしょうか。

 

細胞自体を活性化させ、肉体的・精神的な健康を取り戻すことが期待できるのは、やはり成長因子を持つ動物性プラセンタです。プラセンタの成分をお手軽に摂るにはサプリメントがおすすめですが、即効性があるわけではないため毎日続けて飲み続ける必要があります。

 

しかし、たくさんの栄養成分や動物性プラセンタの特徴である成長因子や20もの薬理作用の相乗効果は、美容や健康のさまざまな症状の改善が期待できます。

 

また、プラセンタの効果だけでなく生活習慣を見直し、軽い運動、食生活の見直しなど、日常生活の中の小さなことから1つずつ改善していくことで体の内側から健康になり、よりプラセンタの効果を実感することが期待できます。