プラセンタの品質を決めるとも言われる抽出方法とは?

プラセンタが美容や健康にいいということで注目されていますが、プラセンタの原料となる胎盤からどのように有効成分を抽出しているのか、実際にはあまり気にしたことはないのではないでしょうか。

 

しかし、たくさんあるプラセンタの商品の中からしっかりと効果が実感できるものを選ぶためには、どんな抽出方法で製造されたものかを知っておく必要があります。

 

プラセンタにはいくつかの抽出方法がありますが、その抽出方法や製法によってプラセンタの有効成分の栄養素や品質は大きく変わってしまいます。まずは、どんな抽出方法があるのかを詳しく見ていきましょう。

 

 

酵素分解法

 

生の野菜と同じように熱で分解することでプラセンタの有効成分を壊してしまう恐れがあるため、胎盤を高温処理ではなく低温処理したあと、胎盤の細胞壁に酵素を加えて反応させることで、余分な部分を排除して有効成分だけを抽出します。
酵素の力を使うこの抽出方法は、有効成分が多くのプラセンタを販売しているメーカーで使用されています。

 

 

超高圧酵素分解法

 

高い気圧がかかったところで酵素分解をする抽出方法で、高い気圧がかかる環境では細菌が生きることができないため滅菌され、酵素と高圧力の働きによって分解されることで有効成分が抽出される、東洋サプリという会社が独自に開発した抽出方法です。

 

 

凍結融解法

 

原材料となる胎盤を急速に凍結させてから、細胞膜を破壊してから栄養素を取り出す方法で、細胞膜を破壊するときに栄養素まで一緒に壊してしまうという欠点があります。しかしコストがあまりかからないため、価格の設定が安いプラセンタに使用されている方法です。

 

 

凍結酵素抽出法

 

名前の通り「凍結融解法」と「酵素分解法」の2つの良い点を合わせており、熱に弱い胎盤を急速に凍結させてから酵素の力で有効成分を抽出するという方法です。
かなりの品質の良さが期待されますが手間がかかるということでコスト面も高くなってしまいます。

 

 

加水分解法

 

強い酸によって細胞膜を破壊する方法で、細胞膜を破壊させるために塩酸を使用することから「塩酸分解法」とも呼ばれています。しかし、細胞膜を破壊するときに有効成分も壊れてしまうことがあり、高品質な栄養素を抽出することができません。

 

 

培養細胞法

 

熱に弱いプラセンタを非加熱で処理するので有効成分を破壊することがなく、徹底的に不純物を除去するための特殊なフィルターを使用することで、成長因子を多く含み純度の高い有効成分が抽出できます。世界特許を取得しており、最先端の抽出方法のためコスト面が高くなってしまいます。

 

 

分子分画法

 

医療機関でしか取り扱われていない2種類のプラセンタ注射のうちの1つであるラエンネックがこの分子分画法で抽出されています。
特殊なフィルターで抽出する方法で、抽出したい成分だけを高濃度に胎盤から抽出することができます。しかし、メーカーによって独自の抽出方法を採用していることがあるので、フィルターの品質が有効成分に影響してきます。

 

 

有効成分に含まれている栄養素が高い状態で抽出される方法では酵素分解法と凍結酵素抽出方法の2つがおすすめです。

 

胎盤から有効成分を抽出するときには、安全に摂取するためにどうしても熱で殺菌をしなくてはならないのですが、プラセンタの有効成分に含まれる豊富な栄養素は野菜と同じように熱に弱いという欠点があるため、栄養素を壊さないようにと各メーカーが独自の抽出方法の研究を重ねて、特許を取得している製法で抽出しているプラセンタもあります。

 

プラセンタを粉末にするための製法とは?

サプリメントにするときに、プラセンタ成分を粉末にするためにはスプレードライ製法またはフリーズドライ製法の2つがあります。

 

 

フリーズドライ製法

 

−30℃の冷凍機でプラセンタエキスを凍らせて細かく砕いて、減圧して真空状態にして水分や不純物を除去してから、プラセンタエキスを乾燥させます。高熱で雑菌を除去しないので、有効成分が壊れにくく純度が高い粉末ができます。

 

 

スプレードライ製法

 

加熱空間でプラセンタエキスを霧状にして乾燥させることで粉末にします。低コストですが、希釈剤であるデキストリン(炭水化物)を使用するため、純度が100%ではない粉末ができます。

 

 

プラセンタの含有量は法律では表示する義務があるわけではないため、プラセンタ以外のものが多く含まれていても、純度が低くてもわかりにくくなっています。この2つの製法の場合、栄養素を壊さずプラセンタの成分以外のものが混ざらない製法のフリーズドライ製法がおすすめです。

 

プラセンタの抽出方法についてのまとめ

プラセンタ抽出方法や製法には、原材料の胎盤の品質はもちろんのことですが、高品質なプラセンタとなるような適切な抽出方法や製造工程が大切です。

 

その商品によっては企業秘密ということで、製造工程を明記していなかったり、商品の中身のプラセンタの含有量などを明記していないところもあります。

 

プランセンタが安い価格で購入できる!といってきちんと中身を確認せずに購入してしまわず、抽出方法や製法などが明記されている、高品質でコストも自分に無理のない、自分にぴったりのプラセンタを購入して、しっかりとプラセンタの有効成分を実感してくださいね。